お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2014年1月10日

5082 野村の金融経済教育(中学校編) 学習教材 『街のTシャツ屋さん』:だそうです

imagesCAZQRUL6
経済教育と言うと日本人にとっては何か良くないことであるかのような漠然とした認識があります。その話になったとしても、貯金をすることの有用性であるとか、家庭での無駄な支出を抑えることなどに向かいがちです。社会に出て経済と言うものに直接触れる前の段階で、資本主義経済の健全な知識を吸収させ、お金と言うものをどう扱うかを考えさせるということはとても大事なことだと思います。
 ネットを見ておりましたら、野村証券と日経が作った野村の金融経済教育(中学校編ページがあり、その中には私が学校医を任されている第2砂町中学校のモデル授業も紹介されていました。個人でもその教材を送ってもらうことはできるようなので、依頼してみました。
日本ではまだまだ難しいですけれど、子供に将来の起業に関する夢を語らせることは、とてもよいことだと思います。
—-

野村の金融経済教育(中学校編)

学習教材 『街のTシャツ屋さん』

『街のTシャツ屋さん』は、野村グループが制作した中学校向け社会科公民の副教材で、これまでご希望をいただいた全国約3,900校の中学校へ約40万部を寄贈しています。
教材は、生徒用のテキストと教師用「指導書」、「活用事例集」の3部で構成され、中学生がTシャツ屋さんを「起業」する話からはじまり、「企業買収」、「国際貿易」、「企業の社会的責任」など、読み進むにつれ経済の仕組みや関連用語の意味が自然に理解できるようになっています。
—-

Categorised in: 未分類