お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2014年1月7日

5079 「兄弟子の暴行で失明」と提訴 元力士が芝田山親方らを提訴

imagesCAFDSXXR「兄弟子の暴行で失明」と提訴 元力士が芝田山親方らを提訴のニュースです。
 眼球打撲では鋸状縁の網膜に断裂を生じ、巨大裂孔を伴う網膜剥離を生ずることがあります。この訴訟ではそのような眼球に対する外力が網膜剥離の原因であったものとして訴訟が起こされたのかもしれません。
ーーーーーー
 大相撲の芝田山親方らを提訴し、記者会見する元力士側の弁護士=7日午前、東京・霞が関の司法記者クラブ

 大相撲・芝田山部屋の元力士が「兄弟子から暴行を受けて失明状態になった」として、芝田山親方(元横綱大乃国)と兄弟子らに計約6890万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたことが7日、分かった。

 提訴は昨年12月26日付。訴状によると、元力士は中学を卒業し入門直後から、親方不在の際に兄弟子の1人から日常的な暴力を受け、2009年8月、一升瓶や木刀などで何度も頭部を強く殴られたという。

 網膜剥離などを発症、緊急手術後も暴行が続き、症状が悪化したため実家で治療。13年に引退させられたという。

Categorised in: 未分類