お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年12月27日

5046 優先席で電源オフ、見直しの動き 鉄道各社、携帯進化で::の記事です

manner
優先席で電源オフ、見直しの動き 鉄道各社、携帯進化で2013年12月26日

清澤のコメント:地下鉄の中でも電波が使えるようになって、地下鉄の中で携帯の記事を読む人やゲームをする人が増えています。先日地下鉄で見回してみましたら、向こう側の5人とこちら側の私を含む5人のうち、携帯を使っている人がなんと8人でした。使っていなかったのは私を含む2人のみ。
 
 これからしばらくは「優先席での携帯電話の使用をやめてくれ」と言う心臓ペースメーカー使用者と、「安全性が増して禁止措置が説かれたことをまだ知らないのか?」と言う若者の論争が予想されますね。それも少しうるさい気がいたします。増して混雑具合によって、乗務員が指導を変えるなどと言うことが出来るはずもありません。以下がその記事の引用です:
  ---
優先席で電源オフ、見直しの動き 鉄道各社、携帯進化で2013年12月26日
【立松大和】 「優先座席付近では携帯電話の電源をお切り下さい」。耳慣れた電車内でのアナウンスを見直す動きが出ている。携帯電話の進化で、心臓ペースメーカーに与える影響が小さくなったためだ。しかし、鉄道会社の対応は揺れている。

 総務省は1月、携帯電話からペースメーカーまでの距離を22センチ以上とした指針を15センチ以上に緩和した。

 きっかけは、昨年7月、電波の出力が強く、ペースメーカーの誤作動を引き起こす恐れのある第2世代(2G)と呼ばれる携帯電話のサービスが終了したことだ。NTTドコモの機種だと、「mova(ムーバ)」が該当する。現在は、同社の「FOMA(フォーマ)」など電波の弱い第3世代(3G)以降の携帯が主流になっている。

 総務省の指針緩和を受け、大阪と京都などを結ぶ京阪電鉄は3月から朝夕のラッシュ時などを除き、携帯電話の電源オフを求める車内アナウンスをやめた。車内の混雑状況を見ながら、車掌が臨機応変に対応しているという。
ーーーーー

Categorised in: 未分類