お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年12月25日

5041 「心因性視覚障害を持つ小児への臨床心理的介入の試み」:論文投稿しました

6-12cover
秋の臨床眼科学会のシンポジウムで11月1日に発表した「心因性視覚障害を持つ小児への臨床心理的介入の試み」の原著は23日までにその準備を完成して眼科臨床紀要誌に投稿することが出来ました。今後査読を経て来年度の出版を期待しております。関係した皆様のご協力に感謝いたします。
ーーーーーーー
日本臨床眼科学会講演集 演題番号:金SP13-3

題 名:心因性視覚障害を持つ小児への臨床心理的介入の試み

著者名:小野田直子1,小野木陽子1,清澤源弘1,2
所属名:1清澤眼科医院, 2東京医歯大

Title:Clinical psychological counseling for children with functional visual disturbances

Authors:1Naoko Onoda, 1Yoko Onogi,1,2Motohiro Kiyosawa
Affiliations:1Kiyosawa Eye Clinic, 2Tokyo Medical and Dental University

別刷請求先:清澤源弘
〒136-0075
   東京都江東区 新砂3-3-53 アルカナール南砂2階 清澤眼科医院

Reprint requests to:Motohiro Kiyosawa MD, Kiyosawa Eye Clinic. 3-3-53 Shinsuna Koutou-ku Tokyo 136-0075, JAPAN

要約和文 
目的:心因性視覚障害の小児に対する、臨床心理士による面接の試みについて報告する。対象と方法:心因性視覚障害と診断され、臨床心理士による面接を行った小児32例。面接は、独立した診察室にて多くは親子同席で、1回30分程度実施した。視機能改善までに要した期間と本疾患への影響要因について分析した。結果:対象の72%に改善が見られた。診断から改善までの期間は、視力が約9ヶ月、視野が約7ヶ月で、臨床心理士の介入から改善までの期間はそれぞれ約4ヶ月、約3ヶ月であった。本疾患への影響要因としては、兄弟関係、友人関係が多かった。結論:心因性視覚障害の小児に対する、臨床心理士による面接の有用性を確認した。

Abstract.
Purpose:To report the effect of psychological counseling to improve visual ability in functional visual disturbances. Material and Method:Thirty two children with functional visual disturbance were included. Counseling was performed for subjects and their parents once a month. Each session lasted 30 minutes. Duration before improving his/her visual function was determined. Factors possibly affecting this condition were searched. Result: Seventy two percent of subjects showed improvement. Mean durations from making diagnosis to finding functional improvement in visual acuity and in visual field were 9 months and 7 months, respectively. Those from clinical psychological intervention to improvement were 4 months and 3 months, respectively. Factors possibly affecting this condition included brothers and sisters relationship, and friendship in school conditions. Conclusion:Psychological Counseling for functional visual disturbance were beneficial.
ーーーーーー

Categorised in: 未分類