お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年12月19日

5018 東京都知事の猪瀬氏が辞任を表明しました、

猪瀬都知事は私と同じ長野県出身者なのですが、旭将軍義仲のごとく、いかにも信州人らしい失脚の仕方であったと思います。ご自分でも気づいておいでであったようですが、「宮廷に必要な周囲へ配慮出来るスマートさ」の不足があったということの様でもあります。
さて、それにしても、誰をとっても候補者に名前の挙がってくる人々は、過去において絶対に投票したくないと思う様な行動をとってきた人の名前ばかりと言うのは、いったいどうしたことでしょうか?
折角2020年の国際オリンピック委員会に東京オリンピック招致を決めてもらったのですから、今回の都知事選挙がこれまた一方的で感情的な選択にならぬことを願うばかりです。

ーー弁明の一部を引用ーー
 「借りるべきではなかった。アマチュアの政治家だったなと思っている。都政を進める上で政策について一生懸命やってきたが、政務的なものについて知識が足りなかった。当時、やや傲慢になっていたんだなと反省しております」

 ――具体的にどのようなおごりがあったか。新しい知事にはどんな人になってもらいたいか。

 「政治家としてずっとやってこられた方は常にどういうものを受け取ったらいけないかは詳しいと思うし、皆さんに対しても腰が低いところがあると思う。僕の場合は政策をちゃんとやればいいんだろう、という生意気なところがあったと思う。プロフェッショナルという意味での政治家としては失格だが、新参者として、作家として、政策についていろんな発想をもって登場するということが今回都知事になったということ。新しい触媒のような形で僕が現れた。434万人の皆さんの負託に応えられていないということで反省している。次に知事になる方は、スポーツに明るく、オリンピックを迎えるにふさわしい方であってほしい」
ーーーーー

Categorised in: 未分類