お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年12月16日

5006 眼科から内科への診療情報提供書について?

 眼科の主治医が白内障手術を行おうとする場合に、画一的な文章で内科医に大丈夫でしょうか?と問い合わせをするのは適切であろうか?と言う質問が医学専門の掲示板に出ていました。

 確かに、私たち眼科医は白内障の術前に内科の主治医の先生に意見を求めることがあります。常識的に考えて、局所麻酔20分程度で、ふつうは結膜下出血程度しか出血も起こさない手術なのですけれど、内科の主治医としてはそれに賛同くださるか?と言った内容のものです。

 当医院では、眼内手術までは行っては居りませんが、その患者さんの主治医であることを任じておられる先生においては、主治医に相談もなく勝手に患者に手術を薦めて病院に紹介するなど無礼千万と怒る先生もおいでです。

 また、私どもでも医院で予め聞いては見たつもりでも、ワルファリンを使っていてその中止の要否を改めて内科医と相談しなくてはならないという場合もあります。

 主治医のつもりで相談申し上げたら、区の検診を暫く前に担当しただけで、その先生はお尋ねした患者さんの主治医とは自分でも思ってもいなかったなどと言う驚くような場合もありました。

 術前に内科医主治医に問い合わせるというのは、白内障の手術を検討したいのですが、それに先立って、注意した方が良いようなことはありませんでしょうか?特に、その手術の施行に反対されるような事情はありませんでしょうか?或は、先生が担当されている患者さんに斯く斯くの処置をしたいと思いますのでお知らせいたします。と言う程度の意味合いかと思います。

 眼科医からなにがしかの問い合わせが参りましたら、内科や外科などで主治医を担当されているお医者様におかれましては、そのあたりを勘案して、わかる範囲でのお答えをお出しいただき、危惧する点があればそれをおお知らせいただけたらよろしいのではないかと思った次第です。

 手術を担当するわけでもない、私どもからそのような質問のお手紙が届きましたら、どうかそのようにお受け取りいただき、先生ご自身にも過剰な手間をかけない範囲でお答えいただけたらと存じます。

Categorised in: 未分類