お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2013年11月26日

4937 億万長者たちが語りたがらない10の事実 :だそうです

BN-AN466_1122_7_G_20131124173301
ウォール・ストリート・ジャーナルのマーケットウォッチ2013年 11月 22日に「億万長者たちが語りたがらない10の事実」と言う記事が出ています。その要点は:億万長者の資産は今も増え続けている。億万長者と言うには年10億円の収入が必要。ほとんどが最高の教育を受けた男性で。その散財は巨額だが、離婚は禁忌。収入源の多くは起業によるもので、その課税割合は給与所得者より遥かに少ない。家族の揉め事は少なくなく、生前に多額の資産寄付を決めている人も多い。
 

ーーー以下抜粋ーーー
1.「われわれの資産はますます増えている」
 2013年、世界の億万長者の資産は過去最高を記録した。前年比で17%増と更に増え続けているのである。その一方で、その他の米国民の純資産は大不況以来減少を続けている。

2.「100万ドルや1000万ドルにもはや昔のような価値はない」
 資産100万ドルでは富豪ではない。大富豪と言うには、最低年10億円の所得が必要。

3.「ここはほぼ男性専用のクラブである」
 億万長者の90%以上は男性である。

4.「私は賢いかもしれないが、スタート時点で有利だった」
 米国の億万長者たちは最高の教育を受けた人々が強い。

5.「使わなければお金の意味がないではないか」
 超大富豪たちの散財は10億ドルのヨットなどと巨額である。

6.「われわれが恐れているのは離婚弁護士だ」
 億万長者の離婚は珍しいが、高い慰謝料がかかり、プライバシーも侵害される。

7.「われわれは株式に投資して金持ちになったわけではない」
 億万長者たちの多くが株式投資ではなく、起業することで巨万の富をつかんできた。

8.「あなたは脱税と言うが、われわれに言わせれば節税だ」
 大富豪たちの所得に対する課税割合はかなり小さい。

9.「家族は私を嫌い、私の財産を愛している」
 家族の揉め事は富豪に限らないが、大きな財産が絡むと事がややこしくなる。

10.「すべてはリア王が教えてくれた」
 多くの富豪は財産を相続し、家業を継承させたが、資産を寄付する億万長者もいる。
ーー抜粋終了ーー
正確には元記事をご覧戴ください。要するに、記者は社会が
富める人に有利なように出来ているといいたいのでしょうか?

Categorised in: 未分類