お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2013年11月25日

4932 「リベンジ(=復しゅう)ポルノ」とは

1122_11_soudan
 NHKのテレビ番組で見た言葉なのですが、「リベンジ(=復讐)ポルノ」が話題になっています。これは、交際中に撮ったプライベートな画像、体の写真などをふられた恨みから、インターネット上に流出させる嫌がらせのことです。
 先日の三鷹での女子高校生殺害事件でも犯行直前に被害者が犯人と写った写真がネットに公開されました。誰かがすでに保存していれば、もう完全消去はできないでしょう。”危うい”プライベート画像”交換というNHKの記事の要点を再録します。事態は子供を持つ親として無視できない領域に入ってきているようです。画像は眼から入る情報で、これが今日の眼の話題です。

ーーー記事の要点(出典にリンク)ーーー
”危うい”プライベート画像”交換 11月22日 18時10分 NHK村石多佳子記者

「リベンジ(=復しゅう)ポルノ」交際中に撮ったプライベートな画像、体の写真などをふられた恨みから、インターネット上に流出させる嫌がらせのことです。こうした画像を交際中にやり取りする行為が若者を中心に広がっている。

○気軽に画像を送る若者たち

「まあちょっとだけならいいかなと思って、写真を送りました。」ネットで知り合った男性に体の一部の写真を送ったという女子高校生の話。

○リベンジポルノ被害に苦しむ女性

女性が当時の交際相手に画像を送ったのは4年前のこと。数か月後、女性が別れを切り出した直後、ネット上にこの画像が流出していました。いったんは流出を食い止めたはずでした。しかし、3年後、その画像は、再びネット上に流れていたのです。出回っていたのは、特定の人しか見られないソーシャルメディアの中。完全に消し去ることも困難です。

○急増するリベンジポルノ被害

相談はソーシャルメディアの広がりとともに増え続け、現在は数年前の10倍以上。

○子どもを被害から守るために

強調されるのが保護者の役割。リベンジポルノ被害は自分の子どもにもいつ降りかかってくるか分からないという気持ちが必要。

○リベンジポルノは犯罪

リベンジポルノは現行の法律で取り締まれるケースも多い。

○消し去れない画像

しかし、画像を流出させた人物を処罰できても、いったんネット上に流出した画像を完全に消し去ることは不可能。ネット上で拡散していく危険性を伝える必要がある。
ーーーーー

Categorised in: 未分類