お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2013年11月3日

4860 「ムコスタ点眼薬のキャリイングケース」と、「点眼補助具」だそうです

臨床眼科学会初日の木曜日に大塚製薬のWさんが、上司を伴って「ムコスタ点眼薬のキャリイングケース」と、「安全点眼装置」のプロモーションに立ち寄ってくださいました。
医院の秘書が撮影してくれましたので、本邦未公開かと思いますが、ご紹介いたします。なお、キャリイングケースはいくつでも配布可能だそうですが、点眼補助具は「医師が見極めて、有用な患者さんだけに渡して差し上げてください」とのことでした。

IMG_0935[1]
ムコスタを4本入れて携帯できるようにしたプラスチックケースです

IMG_0941[1]
ステップ1

これは別のセットで、まずムコスタの栓をこのようにちぎり取ります
開封後のふたはとりのぞいて廃棄

IMG_0937[1]
ステップ2
次にこのセットの別の部分に口を開いたムコスタを差し込みます。
容器が下までおさまっているか確認
容器の先が補助具の縁に触れないように

IMG_0938[1]
ステップ3:そしてカップの部分を目の周りにに乗せて持ち手を握れば、視力の低い方でもお安全に点眼ができるという仕掛けだそうです。

清澤のコメント:まあ後半部分は半分以上はお遊びですが、面白いものを作ったものではあります。

Categorised in: 未分類