お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年10月28日

4885 転職がうまくいくポイント;と言う記事です

 非常勤よりは常勤の方が生涯給与は随分高い(前の記事)とは聞きますが、これから、今の職場を退職して新しい職場に移るという方たちもおいでの事と思います。「転職」がうまくいく、4つのポイント:と言う記事(マーケティングライター牛窪恵さん、2013年10月25日)が出ていました。日経ウーマンオンラインの記事ですが、文中の事例を除き、要点をご参考までに再録します。

 今月で当医院を退職する職員は現在も「目の前の仕事に“チームの目線”で力を尽くすこと」が十二分に出来ている方ですから、贈る言葉としても妥当だと思います。

ーー記事の要約ーーー
一生続けられる仕事に出合うには?
 秋から年末にかけては「転職」のシーズンでもある。「結婚後もどうせ『産んで働かなきゃ』です。だから最初から、会社のランクを落として就活してます」という都内の名門女子大に通うA子さん、20代前半、もいる。確かに 「いまの20代女性で、専業主婦で居続けられるのは、1割いるかいないか」。 ただ、陥りやすいのが「事前情報に振り回されやすい」ことなので注意を。

 「どうしてもやりたくないこと」は何かを考えるのも大事。その結果、実は当直をやりたくないことに気付き、転職(起業)に至ったという人もいる。
 
 「スキルを磨くのと同時に大切なのは、人とのつながりを“丁寧に”すること。そのためには、出会った人との人脈を大切にすること、そしていま目の前の仕事に、“チームの目線”で力を尽くすことが大事」

 著者が転職の相談をする相手のタイプには2つある。1つは、「いままでの人脈は、全部切ってきたんで」というタイプ。もう1つは、「そういえば、あの人に相談にのってもらえるかも」と思い出したり、「元上司に会って、来週相談にのってもらうことになっています」と、過去の人脈を活かそうとするタイプ。 どちらが転職につながりやすいか、客観的に見れば分かる。

 「目の前の仕事に“チームの目線”で力を尽くす」というのは、要は「またあの人と一緒に、仕事がしたい」と思われる人になりましょう、ということ。

 一般に、キャリアアップというとつい“自分”に矢印が向きがちで「スキルをあげなきゃ」と専門性ばかりに目がいくもの。

 いまの職場で「周りになにかしてあげたい」「私にできることは何か」とチーム目線で考えられる女性は、おのずと「また一緒に仕事したい」と思われ、今後の転職先探しでもきっと、アドバンテージが得られる。そうなれば、毎回ゼロから転職先を探すストレスも減らせる。 最近はいったん転職して戻る“リターン組”も目立つ。

 知る限りでも、途中、別の会社に転職したものの、「またうちで働いてくれないか」と元の上司や先輩に誘われて(昔よりいい条件で)戻る、というパターンが近年、増えている。

 「転職」を思い立ったらまず考えるべきことは、おもに次の4点。
1 過去や現在の人とのつながりを“丁寧に”すること
2 目の前の仕事に“チームの目線”で力を尽くすこと
3 「△△らしい」という外部の噂や情報に振り回されないこと
4 自分にとって「イヤなことはなにか」を考えてみること

 今後の仕事をどうするかは、数ある「おひとり力」のなかでも重要なポイント。「あなたがほしいと思う『おひとり力』」のトップ回答が、「生活費を自分で稼げること」(46.3%)だった。

 もし転職を視野に入れるなら、まずは上の4つを発想してゆっくり、温かな気持ちで“次の一歩”を考えてみませんか?
ーーーーーーー

Categorised in: 未分類