お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年10月26日

4838:犬と飼い主は目が似ている…関学大教授の実験結果:です

isaz_header

犬と飼い主は目が似てる…関学大教授の実験結果(今日の目の話題です)

 ペットの犬の目つきは飼い主に似ている――。こんな実験結果を関西学院大(兵庫県西宮市)の中島定彦教授(動物心理学)がまとめ、25日付の英国の国際学術誌「アンスロズーズ」12月号(電子版)に発表した。

 中島教授は「目を見れば誰が飼い主か見分けられる可能性が高い」と話す。

 中島教授は2009年に「犬と飼い主の顔つきは似ている」という調査結果を同誌に発表。今回は、顔のどの部分が似ているかを探ろうと、実験を行った。

 トイプードルやシバ犬などの犬と飼い主40組の顔写真を用意し、正しいペア20組と、わざと間違えたペア20組の2グループに分けた。顔の一部を隠すなどして、どちらのグループが似ているかを学生ら547人に尋ねた。

 目だけを見せたところ、73・3%が正しいグループの方を選び、「よく似ている」と答えた。一方、飼い主の目を隠した場合の正答率は50・8%、犬の目を隠した場合は47・3%だった。

(2013年10月26日17時31分 読売新聞)

Appeared or available online: 2013/10/01Anthrozoos%2026-one
ーーーこの論文の原典を調べてみました。アンスロズーズと言うのは、人と動物の関係を扱う多領域雑誌でした。---

Dogs and Owners Resemble Each Other in the Eye Region犬と飼い主は目の部分が似ている

Author: Nakajima, Sadahiko

Source: Anthrozoosアンスロズーズ: A Multidisciplinary Journal of The Interactions of People & Animals

Abstract:
いくつかの研究は、純血な犬の写真とそれらの飼い主の間で見られる顔の類似性を示しましたが、これらの研究はどれも顔のどの部分がこの様な印象を引き起こしている重要点かを明確にはしていませんでした。ここで示された諸実験は、感知された犬とその飼い主の顔の類似の基礎となる重大な特徴がどこに有ったのかを明らかにしました。

合計で、502人の日本人の学部学生が研究に参加しました。2セットの20組の犬とその飼い主の写真セットがテストシート上にカラーで印刷されました:犬種は様々で、また、所有者は参加者が知らない20歳代から6歳台の日本人男女でした。1セットは正しいペアであり、他のセットは嘘の組み合わせ(つまり、犬はそれぞれ別の犬の所有者とペア)にしてありました。従来の研究で結果のように、大多数の参加者(全体の2/3から3/4まで)は前者のセットのほうが後者のセットより類似していると答えました。
それと同様のよい結果は、飼い主の口回りを黒い線で隠してもみられました。しかし、犬あるいは飼い主の眼を隠すと正答率は50%に下がりました。これらの結果は、犬と所有者が目の周りの特徴で互いに似ていることを強く示唆します。さらにこの実験結果からは、顔の一部の特徴(例えば飼い主の髪型や紋切り型の特徴)あるいは肥満の有無も、感知される犬とその飼い主が似て見える事には関係が無いことが示されました。

(以下は抄録の原文です。)
Although several studies have shown perceived facial resemblance between photos of purebred dogs and their owners, none of these studies has clarified which part of the face is critical for such an impression to arise. The series of experiments presented here identified the critical feature underlying the perceived dog–owner facial resemblance. In total, 502 Japanese undergraduate students participated in the study. Two sets of 20 dog–owner photo pairs had been color-printed on a test sheet: the dogs varied in breed and the owners were Japanese males and females in their 20s to 60s who were unknown to the participants. One set comprised real pairs, while the other was a fake set (i.e., each dog was paired with another dog’s owner). As in a previous study, the majority of participants (from two-thirds to three-quarters) reported that the former set was more similar than the latter. This was also the case even when the mouth regions of the owners’ faces were masked by black bars. However, masking the eye regions of either dogs or owners reduced the choice performance to a chance level of around 50%. Furthermore, choice performance was equally good and above the chance level, regardless of whether the entire faces were shown or only the eye regions of the dogs and owners were visible. These results strongly suggest that dogs and owners resemble each other in the eye region. This finding also ruled out the possibility that any nonphysiognomic features (e.g., owners’ hairstyles and people’s stereotypical concepts about dog ownership) or similarity of obesity are determinate for the perceived dog–owner resemblance.

Keywords: dog–owner resemblance, face, physical appearance

DOI: http://dx.doi.org/10.2752/175303713X13795775536093

Categorised in: 未分類