お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年10月25日

4835 アルツハイマー病を眼の検査で正確に診断:の記事です

Cognoptix-300x283
①の記事は、インベンテージスと言う会社が眼から非侵襲的にアルツハイマー病を効率よく診断できる方法を開発したという記事なのですけれど、何をどうやって診断するというのかが全く分かりません。そこでさらに調べてみますと、

②どうも水晶体にレーザー光を当てて、そこに含まれるβアミロイドを測定する方法のようです。

③その感度は85%で、特異度が95%だというのですから、相当なものです。

20130403_m_figure_4-300x196④このβアミロイドは早くからアルツハイマー病の脳に蓄積することが知られておりました。東京都健康長寿研究所のPET研究室でも石井賢二先生らによってもそれを利用したアルツハイマー病の診断の研究が行われています。(

⑤また、アルツハイマー病ではありませんが、加齢黄斑変性で網膜にβアミロイドが蓄積するという話が医科歯科大学の眼科では研究されています。

これらの話が、直接つながる話ではないのでしょうけれども、この検査法は今後、普及しそうな研究であろうかと思われます。

ーーー引用ーーー
①アルツハイマー病を眼検査で正確に診断=インベンテージズ〔BW〕

 【ビジネスワイヤ】インベンテージズ・ベンチャー・キャピタル(バハマ)は、投資先の米医療技術企業コグノプティックスが開発したアルツハイマー病診断法の臨床試験結果を発表した。コグノプティックスの眼検査法「SAPPHIREII」は、アルツハイマー病の特長であるベータアミロイドを目から検出するもの。従来の検査法と比べ、迅速・簡単で費用が少なくて済む。試験の結果、感度85%、特異度95%でアルツハイマー病を発見できた。アルツハイマー病の早期診断法として期待される。
【注】 この記事はビジネスワイヤ提供。英語原文はwww.businesswire.comへ。 (2013/10/18-11:57)

「インベンテージズのポートフォリオ企業コグノプティックスがアルツハイマー病の正確な診断能力を実証」と言う記事があります。

目の中のベータアミロイドという特徴を調べることでアルツハイマー病患者を発見できるとする先の実行可能性研究の結果を、臨床研究で確認

(ロンドン)- (ビジネスワイヤ) — インベンテージズは、ポートフォリオ企業の1つであるコグノプティックスが、アルツハイマー病をこれまでにない精度で診断できることを実証したと発表しました。SAPPHIRE II眼検査法を検討する多施設臨床試験において、感度85%、特異度95%で、アルツハイマー病患者と健常人(ボランティア)を判別できることが分かりました。

コグノプティックスの検査は、アルツハイマー病の顕著な特徴であるベータアミロイドを簡単な眼検査で検出します。この検査は以下の点で、他の血液検査や画像診断とは大きく異なります。

簡単で非侵襲的 5分未満という短時間で検査可能 代用マーカーではなく、アルツハイマー病を決定付ける特徴を検出 結果の解釈が容易 高い費用対効果(PET画像法と比べてわずかな費用) こうした独自の特長により、専門家のいない施設でSAPPHIRE IIシステムが広く利用されるようになると思われ、アルツハイマー病で切望されていた早期発見システムとなる可能性があります。

この研究結果は、2013年11月に開催されるアルツハイマー病臨床試験(CTAD)会議で発表される予定です。

③Clinical Investigators Comment on Their Study of Cognoptix Eye Test Designed to Identify Alzheimer’s Disease That Showed Strong Results: 85% Sensitivity and 95% Specificity 09/30/2013 | 12:23pm US/Eastern

④PET Approaches for Diagnosis of Dementia. Ishii K. AJNR Am J Neuroradiol. 2013 Aug 14. [Epub ahead of print]

⑤ Takeshi Yoshida,1 Kyoko Ohno-Matsui,1 Shizuko Ichinose,2 Tetsuji Sato,3 Nobuhisa Iwata,4 Takaomi C. Saido,4 Toshio Hisatomi,5 Manabu Mochizuki,1 and Ikuo Morita6 J Clin Invest. 2005 115(10): 2793–2800.
The potential role of amyloid β in the pathogenesis of age-related macular degeneration

Categorised in: 未分類