お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年10月23日

4827 仙台楽天が日本シリーズ進出 その裏で

こんな記事が出ていました。日本シリーズ進出に勝てたようですね。仙台市民の皆様、おめでとうございます。

 その昔、私が仙台に住んでいたころ、40年くらい昔、私が大学生だった頃の話です。ロッテは仙台を準フランチャイズとしており、仙台市民はロッテをこぞって応援していました。ロッテが日本シリーズに出られたら、仙台で日本シリーズが行われるのだろうか?と期待に胸を膨らませたものでした。

 しかし残念なことにロッテ球団は集客数の少ない仙台を去り、幾星霜、漸く楽天の東北イーグルスが結成され、そして今年は初めて良いところまで勝ち進むことが出来ました。

ウィキペディアより引用::
ロッテマリーンズは1973年から宮城県仙台市の県営宮城球場(現:日本製紙クリネックススタジアム宮城=東北楽天ゴールデンイーグルス本拠地)を中心に(1974年から保護地域も宮城県に暫定移転)、首都圏では後楽園球場、明治神宮野球場、川崎球場を転々としつつ主催試合を行った。特定の本拠地を持たない状況は1977年まで続き、この5年間は「ジプシー球団」などと揶揄された

1974年に金田監督の下で有藤通世、山崎裕之、弘田澄男、投手では成田文男、村田兆治、木樽正明らが活躍して後期優勝。プレーオフでは、前期優勝の阪急を3連勝で退けリーグ優勝。日本シリーズでは中日と対戦し4勝2敗で日本一になった。

この時の日本シリーズの主催3試合は施設上の問題から仙台ではなく後楽園で行われた。また日本一を決定した後の凱旋パレードも、東京・銀座から新宿にかけて行われたのみで仙台では行われず、これらの行為は仙台市民や一部のスポーツ新聞から「地元無視」と批判されたこともあった。-ー引用 終了ーー

 今回東北大学文学部教授の筆が滑った事故は、そんな経緯を経た仙台市民の心の裏側を知らないと理解できないと思います。他人に対するヘイトスピーチはいけませんが、仙台で一時代を過ごした私にはその心情が少し理解できる気もしたのが今回の沼崎一郎教授筆禍事件でした。

ーーーーーーー、
「千葉、滅びろ!」東北大教授、CSめぐり不適切ツイート

 プロ野球パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)、楽天―ロッテ戦をめぐり、東北大文学部の沼崎一郎教授が短文投稿サイト「ツイッター」に「千葉、滅びろ!」などと不適切な投稿をして、大学から厳重注意されていたことが21日、分かった。

 東北大によると、沼崎教授は17日の試合後、「ロッテごときが」「逆らうものは地獄に落ちろ」などと投稿した。沼崎教授は「酒に酔ってやってしまった」と話しているという。

 東北大には電話やメールで抗議が寄せられ、大学はホームページに「多くの皆さまに不快な思いをさせてしまい、深くおわび申し上げます」との謝罪文を掲載した。

[ 2013年10月22日 06:00 ]
ーーーーーーー

Categorised in: 未分類