お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年10月20日

4823 パキスタンでは米軍の無人機による攻撃で市民400人が殺害されていた

4highres_00000402730636
清澤のコメント:パキスタンでは米軍の無人機による攻撃で市民400人が殺害されていた。この事実は大変なことですが、当事国が反政府的な地域を支配する勢力に対する攻撃を黙認している当側面もあるとの話もあります。さらに、このような報告が揉み消せなくなっているということ自体にも既に米国が覇権を失いつつあるということが読み取れます。世界を支配する国が存在しないG0(ジー ゼロ)時代の到来。そして米国のデフォルトは避けられたのではなく、破裂すべき風船が大きくなっただけと言う話もうなづけます、世界はさらに恐ろしい事態に突入しています。
ーーーーーー
[国連 18日 ロイター] – イスラム武装勢力などを殺害するため、米国などが行っている無人機攻撃を調査している国連のエマーソン特別報告者は18日、パキスタンでは無人機による攻撃で、これまでに少なくとも市民400人が殺害されたとする報告書を発表した。

同報告書によると、パキスタン外務省は2004年以降、少なくとも330回に及ぶ無人機攻撃を確認。その中で約2200人が犠牲となったが、そのうち少なくとも400人が市民だったとしている。

エマーソン氏は報告書の中で、米国に対し、市民の犠牲者に関するデータと無人機攻撃の具体的な情報を公表するよう求めている。
ーーーー
{高知新聞から}パキスタンの女子教育の扉をこじ開けようとしている16歳のマララ・ユスフザイさん。イスラム過激派による再襲撃の脅しにも屈せず、「すべての子どもに教育を」と訴え続ける。ノーベル平和賞は逃しても世界の人々の心をつかんで離さない力が、彼女の言葉にはある。

オバマ米大統領との会談では、市民を巻き添えにする米軍の無人機攻撃にパキスタン国民は憤っていると伝えた。テロと戦う最善の方法は銃を取ることではないという訴えは、平和賞受賞者のオバマ氏の胸に深く突き刺さったはず。
ーーーーー

Categorised in: 未分類