お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年10月18日

4915 年収1億円を稼ぐ人だけが知る40のリスト:だそうです

少し古い記事ですが、年収1億円を稼ぐ人だけが知る40のリスト (PRESIDENT 2012年1月30日号)がネットに出ていました。なるほどそうなんだと思いましたので引用してみます。これに従ったからと言ってうまく行く事ばかりでは無いでしょうけれど。

目次は次の通りです。
1、人への関心:誰と、どのくらいの時間会っているかを把握しているか?
2、素直さ:人から勧められたことを、すぐに試す素直さがあるか?
3、成長意欲:常に、仕入れを怠らない高い成長意欲があるか?
4、互酬性の法則:自分の強みでなく、相手の評価軸を知っているか?
5、捨てる勇気:戦略とは、捨てると同義であることを知っているか?
6、1人になる時間:何もしない空白の1日を、意識的に設けているか?
7、チャンスの掴み方:人生は、偶然で成り立っていることを知っているか?
8、体験を買う:お金は、体験を買うためにあることを知っているか?

ーーー本文採録ーーーー
著者 オフィシャル代表取締役 江上 治 構成=前田はるみ

8つの項目に沿い、稼ぐ人に共通する習慣をリスト化した。あなたは、いくつあてはまるだろうか。チェックしてほしい。

人への関心:誰と、どのくらいの時間会っているかを把握しているか?

□情報はいうまでもなく、金もまた人についてくることを知っている。

□大切な人に会うための時間は、ほかの予定を変えてでも捻出する。

□待ち合わせの場所には、常に約束の時間より余裕をもって到着する。

□勉強会や交流会への参加は、会の内容より、参加者の顔ぶれで決める。

□世話になった人へは、お礼のメール・手紙や品を必ず送る。

素直さ:人から勧められたことを、すぐに試す素直さがあるか?

□一目置く人から勧められた本や情報は、必ずチェックする。

□年齢や肩書にかかわらず、相手の話には耳を傾ける。

□行動や習慣について指摘されたら、すぐに試したり変えてみる。

□人と話をするときに、「でも」「そうはいっても」などの否定表現を使わない。

□メンターと呼べる人が3人以上おり、それぞれの分野が異なっている。

成長意欲:常に、仕入れを怠らない高い成長意欲があるか?

□楽しい会合であっても、マンネリ化してきたと思ったら、参加をやめる。

□興味がある、会いたいと思う人には、自分から積極的に会いにいく。

□情報を仕入れるときは、自分が大切に思う相手が喜ぶ情報を意識的にとる。

□空っぽになることを恐れず、知識や情報を徹底的に出し切ることができる。

□人生や仕事のステージで、つき合う人がガラッと変わった経験がある。

互酬性の法則:自分の強みでなく、相手の評価軸を知っているか?

□1対1の損得でなく、まずは相手の役に立つことを考えている。

□人に何かを頼まれたり、相談されたときは、自分にできる限りのことをする。

□自分が何をしたいかより、何をしたら相手が喜ぶかを常に意識している。

□相手のほうが得意と思う分野に関しては、口を出さず、全面的に任せる。

□人に何かをしてあげた結果、まわりまわって別の誰かから返ってきた体験がある。

捨てる勇気:戦略とは、捨てると同義であることを知っているか?

□人生でやりたいことだけでなく、やらないことも決めている。

□やりたいことに集中して時間を使うために、やることを絞っている。

□やらないと決めたら、中途半端に手を出すのでなく、思い切って丸ごと捨てる。

□自分が心から好きなこと、得意で成果を出せることは何かをわかっている。

□仕事において、自分の得意なこと、強みを徹底的に生かしている。

1人になる時間:何もしない空白の1日を、意識的に設けているか?

□予定をぎっしり詰めるのではなく、意図的に何もしない日や時間帯を設けている。

□1年のどこかで意識的に、連続して休暇をとったり、長期のバカンスに行く。

□決められた休日に休むのでなく、いつ集中し、休むかは自分がコントロールする。

□働くときは徹底して働き、遊ぶときは徹底して時間と金を使って遊ぶ。

□課題が目の前にあるとき、すぐに行動するのではなく、まずは考える時間をとる。

チャンスの掴み方:人生は、偶然で成り立っていることを知っているか?

□相手から何かを頼まれたり、聞かれたときは、24時間以内に返事をする。

□変革につながる人やチャンスと思ったら、ほかをキャンセルしてでも時間を使う。

□新しいことへのチャレンジのために、いまのポジションを捨て去ることができる。

□1日の終わりに、その日の行動について、振り返る時間を設けている。

□そのときの一瞬一瞬を、充実して生きることこそが人生だと思う。

体験を買う:お金は、体験を買うためにあることを知っているか?

□目に見えるもの、形に残るものだけでなく、むしろ形に残らないものに金を使う。

□レストランへ行く、ホテルに泊まるときなどは、ときに思い切ってランクを上げる。

□飛行機は常にビジネスに乗るのでなく、破格に安いエコノミーがあれば使ってみる。

□必要と思ったら、いまの自分にとっては大金でも、思い切って払う決断ができる。

□仕事で大切なのは、金を貯めることより、信頼を貯めることだと考える。

Categorised in: 未分類