お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年9月23日

4753 「治安が悪いから自衛したのだ」と店主を擁護するフランスの声です

世界は銃犯罪に怒っている:
ニースの宝石店主が不法所持の銃で逃げる強盗の一人を射殺し、その罪で逮捕された。これに対しフランス国内では「治安が悪いから自衛した」のだと店主を擁護する声が高まっており、政府は苦境に立たされている。
a3a113ed64b8a51f3d0f6a706700daf1

AP通信社 ロリ・ヒナント記者 2013年9月17日11:35 AM

パリ(AP) – アウトレイジが撃たれ、逃げる強盗を殺した宝石商に対して意図的な殺人罪を課す決定に付いてフランスでは講義が続いているが、火曜日には、国のトップのセキュリティの関係者は正義が行われるように警告を発した。

67歳の宝石商、ステファン·チュルクは、フランスリビエラ海岸のニース市内でチュルクの宝石店の前の路上で死亡した十歳代の強盗を射殺した1週間後に逮捕された。犯人は共犯者とバイクで逃走しようとしていた。

フランスでは銃暴力は稀ではあるが、銃で武装した強盗は最近ますます一般的になっている。政府は意図的殺人の罪の運用に難しい立場に置かれている。

“耐え難いに直面した場合でも、我々は正義を見なければならない、”内務大臣マヌエル·ヴァルス、は火曜日にチュルクの支持者数百人が抗議行動をした翌日に大統領によって派遣されたニースで述べている。(以下略)
元記事はこちらhttp://news.yahoo.com/uproar-french-jeweler-kills-thief-charged-104251393.html

Categorised in: 未分類