お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年9月22日

4748 「半沢直樹」いよいよ最終話―狙え!過去最高視聴率

4748 「半沢直樹」いよいよ最終話―狙え!過去最高視聴率
img_79b9a02764592eb141c359d02b20e481423033
 「半沢直樹」いよいよ最終話―狙え!過去最高視聴率:と言う訳で我が家でも普段は見ないテレビのスイッチを入れてみました。岸川部長と金融庁の関係を聞き出すのが半沢の奥さんのはなちゃんに代わっていたり、最後の辞令が出向になっていたり、原作とは少し違うストーリーなのもよかったです。
 現実の社会では、こんな結論もありそうな気がします。

視聴率は40%にどこまで載せられたか?が来週初めの興味あるニュースとなることでしょう。追加情報によると、読売巨人軍のリーグ優勝を決めるゲームと重なったとのことで、そこは向い風だったわけですが、その方に興味があった方々も相当数はビデオを撮って後で見るということだったとも報じられています。

ーーーー記事の引用ーーーー
「半沢直樹」いよいよ最終話―狙え!過去最高視聴率「積木くずし」45・3%超え

2013/9/20 12:00

今週末のテレビ界一番の話題は、22日(2013年9月)放送のTBS系ドラマ「半沢直樹」(よる9時)の最終話の視聴率がどのくらいになるかだろう。スタートから1度も下げることなく上昇し続け、15日放送は35・9%を記録した。最終話は25分拡大スペシャルで、半沢(堺雅人)と大和田暁(香川照之)の対決がヤマ場を迎える。視聴率がさらに急上昇するのは必至だ。

「『家政婦のミタ』(2011年日本テレビ系)の最終話40%を抜くのはほぼ間違いない。ミタは最終話で12%近く跳ね上がったから、それでいけば半沢はあと数%アップは間違いないんじゃないかな」(民放テレビドラマプロデューサー)

これまでで、民放連続ドラマで最も視聴率が高かったのは1983年放送のTBS系「積木くずし 親と子の200日戦争」最終話の45・3%だ。半沢がこの記録を破るには10%近い上乗せが必要だが、狙っちゃどうか。20年ぶりの記録更新である。(テレビウォッチ編集部)
ーーー記事の引用2ーーーー
ドラマは、小説「下町ロケット」で直木賞を受賞した作家の池井戸潤さんの人気小説「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」が原作。平均視聴率は本部の営業第2部次長に栄転し、舞台を東京へ移した第6話で関東地区29.0%(ビデオリサーチ調べ)、関西地区32.8%(同)となり、1日放送の第7話では、ついに関東地区で30.0%の大台に。第8話では32.9%(同)、第9話では今年放送された全番組の中で2位となる35.9%(同)を記録している。

 連続ドラマの平均視聴率としては、最終回に今世紀連ドラ最高の40.0%をたたき出した2011年の「家政婦のミタ」(日本テレビ系)の記録に迫っており、“ミタ”超えがなるかどうかに注目が集まっている。(毎日新聞デジタル)
ーーーーーー

Categorised in: 未分類