お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年9月17日

4732 若さの源は健康的な食事とストレス軽減、細胞レベルで効果:という記事です

ilZGYqLz3jgs
若さの源は健康的な食事とストレス軽減、細胞レベルで効果:と言う記事です。果物と野菜の摂取量を増やし、瞑想(めいそう)とヨガを行うなどライフスタイルの総合的な変化が、細胞レベルで老化の兆候に変化を及ぼすことがランセットに載っているというのですから驚きです。 5年間にわたって未加工の食品を多く含む食事を取るとともに適度に運動しストレスを管理した結果、老化に関連する染色体のテロメア(末端部位)の長さが伸びた、と言うことです。テロメアは遺伝子の末端に有って、あと何回その細胞が分裂を繰り返すことが出来るかを決める部分です。従来は残された分裂回数は既定の物と考えられていたのに、実は環境要因に依る影響も受けているということの様なのです。

ーーーー記事の引用ーーーー
若さの源は健康的な食事とストレス軽減、細胞レベルで効果
  9月17日(ブルームバーグ):若さの源は、魔法の薬や高価な化粧品ではなく、結局のところ、健康的な食事とストレス軽減にあるのかもしれない。

果物と野菜の摂取量を増やし、瞑想(めいそう)とヨガを行うなどライフスタイルの総合的な変化が、細胞レベルで老化の兆候に変化を及ぼすことが、17日に発表された研究報告で初めて示された。  

医学誌ランセットに掲載された研究報告によると、男性35人を対象に実施した調査で、5年間にわたって未加工の食品を多く含む食事を取るとともに適度に運動しストレスを管理した結果、老化に関連する染色体のテロメア(末端部位)の長さが伸びたことが分かった。報告の執筆者らによると、これまでの研究では、ライフスタイルの変化がテロメアの長さに及ぼす影響について報告されたものはない。

予防医学研究所の創設者、ディーン・オーニッシュ氏が中心となって進められたこの調査の結果は、健康的な習慣の効用を示す新たな証拠となりそうだ。

オーニッシュ氏は電話インタビューで「新薬やレーザーなどハイテクで高価な治療法が効果を発揮すると思われがちだ。われわれの研究の結果は、ライフスタイルの単純な変化が測定可能で強力な影響を及ぼすということを示している」と述べた。        

原題:Veggie-Heavy Stress Reduction Regimen Shown to Modify CellAging(抜粋)

Categorised in: 未分類