お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年9月15日

4724 経済財政諮問会議 東京を「オリンピック特区」に

経済財政諮問会議が東京を「オリンピック特区」にと提言すると言うお話で、しかも、医療や教育などの大胆な規制緩和を3~4年を目途に進め、オリンピックまでに全国展開すべきとしている。:と言うのですけれど、これは現場の医療にはどうかかわってくるのでしょうか?興味はあるのですけれど。医療以外の大手資本が変に入っては来てくれないほうが正直言ってうれしいです。この文言の意味を知りたいです。

ーーーーーーーーーー
経済財政諮問会議 東京を「オリンピック特区」に

政府は13日午後、経済財政諮問会議を開き、2020年の夏季オリンピック開催に向け、東京を「オリンピック特区」として、規制緩和を進める案などを議論した。
安倍首相は「東京オリンピック・パラリンピックは、ただ単に東京だけのものではなく、日本全体が、まさに活力を取り戻すうえで、大きな弾みとなるものにしていきたいと思います」と述べた。
13日の経済財政諮問会議では、民間議員から、2020年の東京オリンピックをアベノミクスの「第4の矢」と位置づけ、一過性のものでなく、これからの50年を見据えた取り組みをするべきだとの提言がされた。
また、提言では、オリンピック開催に向け、東京を「国家戦略特区」に指定して、医療や教育などの大胆な規制緩和を3~4年を目途に進め、オリンピックまでに全国展開すべきとしている。
また、観光立国を目指し、外国人向けに、長期滞在を含めたビザ発給の条件を緩和したり、無料の高速無線LANの整備を進めるほか、競技場や高速道路など公共施設の建設や運営を民間企業にまかせて、国や自治体の財政負担を減らす、「PFI方式」を導入するべきだとしている。

Categorised in: 未分類