お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年9月8日

4697 フランク・ロイド・ライトが設計した帝国ホテル旧館のお話。

R0010842
眼科の講演会を聴きに行った帝国ホテルのロビーではフランク・ロイド・ライトが設計した帝国ホテル旧館の90年記念の写真展が行わていました。

【記念展示】 ※鑑賞無料
期間   2013年9月1日(日)~2014年3月31日(月) ※予定
場所   本館1階 正面ロビー
特別協力   フランク・ロイド・ライト財団

旧帝国ホテル(1921) フランク・ロイド・ライト設計

当時の帝国ホテル総支配人、林愛作はフランク・ロイド・ライトに本館の設計を依頼しました。林愛作は支配人に就任する前、ニューヨークで美術商をしていた関係で、ロイド・ライトを紹介されて知ったようです。その展示の中では明らかにされてはいませんでしたが、完璧主義者だったライトは相当の予算オーバー、工期の遅れ、設計変更の嵐などで経営陣としばしば対立した結果、林愛作とともに建築途中に解任され、アメリカへ帰国してしまいます。その後の設計は一番弟子の遠藤新が引き継いだと言うことです。

この建物は関東大震災の年に完成し、東京の多くの建物が崩壊する中で、その強度ゆえに破壊を免れ、空襲にも耐えて戦後まで使われましたが、今は犬山の明治記念館に一部だけが移築されています。

teikokuannai2200011
当時帝国ホテルご案内 その4 表紙のみ

Categorised in: 未分類