お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年9月5日

4689:さようならあゆみ公園の遊具たち:2013年9月5日、

IMG_0886

2013年9月5日、さようならあゆみ公園の遊具たち:
南砂町駅東にあるあゆみ公園が柵で囲われいよいよ立ち入りができなくなりました。
江東区立新砂あゆみ公園(こうとうくりつしんすなあゆみこうえん)とは、東京地下鉄東西線南砂町駅東口前にある、東京都江東区立の公園。
IMG_0883

概要 開園は2002年(平成14年)4月1日。新砂三丁目3番6号。地下に東西線および砂町水再生センターへ通じる巨大暗渠(下水道)が存在しているため、それらに関連した遊具やモニュメントが設置されていることが特徴である。

地下鉄に関連する遊具、モニュメント[編集]園内に東西線5000系電車先頭車両が、カットされ保存されている。ただし、車両の床板は外され、座席は木製ベンチ、車両のナンバープレートや営団地下鉄のエンブレムであるSマークは模造品である。東西線は公園のすぐ先で地上に出るため、車内に入ると直下を走る東西線列車の振動が聞こえる。

その他に、車輪の実物や、公園の地下を通る砂町水再生センタへ通じる巨大下水管の輪、駅名板に似せた公園の看板、東西線05系電車の形をしたジャングルジムがある。なお、簡単な運転台のような物も作られているが実車とは異なり2ハンドルである。また、乗って動かす遊具もある。公園入り口の柵は写真のように05系の前面の一部がデザインされている物もある。これらの05系をデザインした物は、当時最新だった8-10次車タイプの物となっている。

近くの小学生たちが毎日遊んでいる。列車の屋根で遊んだり、車内のいすに寝転がる、ホームレスではないと思われる人もいるという話がある。通称:電車の公園。

ーーーーーーー

Categorised in: 未分類