お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年9月1日

4677 仙石線沿線の会に呼んでいただき、仙台に行ってきました。

中川先生は石巻で開業している眼科医で元東北大学助教授。神尾先生は仙台市東部で開業していて、東北大学から仙台国立病院で活躍した眼科医です。このお二人は私が東北大学に奉職していた平成4年ころに東北大学で一緒に仕事をした有力な後輩です。

このお二人が主宰し、今回第6回を迎えたというのが「仙石線沿線の会」と言う眼科の勉強会です。仙台市と石巻市を結ぶのが仙石線で、その沿線の医師が集まって眼科の話を聴こうという会だそうです。丁度、私も参加させて頂いている葛南眼科研究会の様な会でした。仙石線は東日本大震災の後、未だ復旧できず、高城町から矢本までの切れた部分は今でもバスで結ばれています。

今回は、私が講師としてお招きにあずかり眼科の医師11人を相手にして眼瞼けいれんと緑内障のお話をさせて頂きました。

第一部 眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴  眼瞼痙攣を中心に 眼がぴくぴくしたら??

3750 目がぴくぴくしたら:10年続けた臨床眼科学会のインストラクションコースの内容です。今回は、「眼がぴくぴくしたら??」を話題に選びました。(v)

第2部 眼瞼けいれん診療 ガイドラインの概略

この内容は、3403 眼瞼けいれん診療ガイドラインの概略::日本の眼科7号の内容をスライドにしたものです。これは、日本神経眼科学会が提示した眼瞼けいれん診療ガイドラインを基に日本の眼科の特集号に投稿した原稿です。(その内容はこちら

第3部 緑内障患者の視野障害と 視放線変化との相関4082 緑内障における視野変化と視放線障害の相関Positive correlation between the degree of visual field defect and optic radiation damage in glaucoma patients.

緑内障における視野変化と視放線障害の相関の論文がJJO(JapaneセJournal of Ophthalmology)に掲載されました。これは、東京医科歯科大学神経眼科グループの仕事で、実際の患者さんは清澤眼科医院で募集し、東京都健康長寿医療センターで行われた研究です。(その内容はこちら

200300
懇親会の後、今回私を指名してくださったお二人と、パラヂソ・デル・ソルという高級ピザ店でビールをごちそうになりました。今回の会場の勝山館は以前は伊沢家の自宅があった場所に建てられた高級な会館。この店もオーナーは清酒勝山醸造元で仙台の名家伊沢家(77銀行の大株主でもある)のはず。伊沢家は昔私が世話になった長町の広南病院にも当時多額の寄付をしておられ、また当主の伊沢平一氏は仙台に来てから家内が通った北仙台の宮城調理師学校の校長でもあったはずす。
 このピザ屋さんの前は、以前はスケートリンクやボーリング場だったのですが、これも伊沢家野もので、今は東北大学農学部までが見渡せる広大な空き地になっておりました。

Categorised in: 未分類