お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年8月15日

4549 薬剤師ら、免許登録前に医療行為 東京医科歯科大病院:の記事です

110520_0235
薬剤師ら、免許登録前に医療行為 東京医科歯科大病院:の記事です
昔は普通だった気もしますが、今ではそれは通らないでしょう。医科歯科大学薬剤部でも安全のための様々な試みをしてはいるはずなのですけれど。試験に合格したら、早々にきちんと登録をし、番号をもらってから仕事をしていただきましょう。新規採用の職員にオリエンテーションだけをさせるつもりが、いつの間にか現場では実務の手ほどきにまで進んでしまったのでしょうか?

今はどうなっているか知りませんが、私が医師登録をしたとき(昭和53年)には、先に医籍番号を伝える葉書がきてそれで手続きを進めるようにという指示があり、本当の医師免許証は後日受け取って大学にコピーを提出した気がいたします。

ーーーーーー
薬剤師ら、免許登録前に医療行為 東京医科歯科大病院  【森本未紀】東京医科歯科大学病院は15日、今年度に採用した診療放射線技師4人と薬剤師2人の計6人の職員が、免許が未登録のまま医療行為を行っていた、と発表した。1105人の患者に対して、放射線の治療や、処方する薬の調剤などをしていた。健康被害の報告はないという。

 6人は国家試験に合格した上で、今年4月に同病院に採用された。4月から7月までの間、免許の申請中などの間にX線撮影やCT検査などを行っていた。上司の指導のもとに行われており、安全性には問題なかったとしている。患者には文書で謝罪したという。

 現在、5人は免許の登録が終わっており、残る1人は医療行為を行っていない。過去5年を調べたが、同様の問題はなかったという。

 吉沢靖之副学長は「信頼を損なう事態が起き、おわびする。再発防止に努めたい」と話した。今後、学内に懲戒委員会を設け、関係者を処分する予定という。

Categorised in: 未分類