お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年8月8日

4628 本日の奈良での地震を伝えた緊急地震速報は誤報でした。

20130808192943
緊急地震速報、誤って流す 気象庁「奈良で発生」

まあ誤報でよかったわけですが、今日の午後の診療中に院内の皆さんの携帯電話が一斉に異音を発しました。診療中の柏倉先生がそれが緊急地震速報であること、そして間もなくそれが奈良市で震度7の地震があったことを伝えるものであったと教えてくれました。

 かねての打ち合わせ通り院長の私は、暗室診察室、明室検査室、そして待合事務室を一通り見回り、事故が起きてないことを確認したうえで、患者さんと職員には額など上からの落下物に備えることを求めました。

 当医院では、特に業務に支障をきたすような地震はなく、予備電源でレセコンを終了する事態もありませんでした。かくして本日の診療は無事に7時過ぎに終了できました。帰宅してネットをみましたら、この速報自体が誤報であったということでした。

 あす以降、院内で緊急時にとるべきであるとされていた行為を確認し、それが遅滞なく行われたかどうかを検討したいと思います。
ーーーーーーー
緊急地震速報、誤って流す 気象庁「奈良で発生」

 大阪管区気象台によると、8日午後4時56分ごろ、和歌山県北部を震源とする地震があった。震源の深さは10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは2・3と推定される。この地震について気象庁から「緊急地震速報」が発表されたが、震度1以上は観測されなかったという。

 JR西日本によると、この緊急地震速報を受け、近畿エリアなどの新幹線と在来線の運転を一時見合わせたが、順次再開しているという。

     ◇

 気象庁は8日午後4時55分ごろに奈良県での地震発生を伝えた緊急地震速報は誤報だったとして、原因を調査中であることを明らかにした。
ーーーーーー

Categorised in: 未分類