お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年7月14日

4562 樹海のふたり;を見てきました。


遅ればせながら見に行ってきましたよ。

○この映画の様に、「お笑いコンビ」の2人がそのまま2人で映画の主役を演ずるということはごく稀なのだそうです。

○樹海(青木が原)の富士山大噴火からの歴史(先の記事で紹介した)も映画の中で詳しく説明されていました。

○以前はテレビで「警察等による樹海の自殺体探し」がニュースで流れていましたが、却って自殺の名所として自殺志願者を集めてしまったので取材は近視にな合っていたのだそうです。

○世の中嘘ばっかりだなー:と言うセリフの意味は深長。そしてこれに応える「ウソかホントかは問題じゃない」と言うセリフも重要。

○自閉症(アスペルガー症候群)の子供が描いたというストーリーの微細な線で描いた絵の本当の作者はなんと監督自身でした。

◎以下wikipediaから:
アスペルガー症候群とは(アスペルガーしょうこうぐん、Asperger Syndrome, AS)は、興味・コミュニケーションについて特異性が認められる広汎性発達障害。

興味の面では、特定の分野については驚異的なまでの集中力と知識を持ち、会話の面では、聞かれたことに対して素直に答える(「空気を読む」などの行為を苦手とする)、といった特徴を持つ。

眼に関連する特徴
彼らはしばしばアイコンタクトが困難である。ほとんどアイコンタクトをせず、それをドギマギするものだと感じる場合が多い。 その一方で、他人にとって不快に感じるくらいに、じっとその人の目を見つめてしまうようなタイプもいる。アイコンタクトなどにおいて、相手から発せられるメッセージを理解しようと努力しても、この障害のために相手の心を解読しそこねることが多い。 例えば、初対面の人に挨拶をする際に、社会的に受け入れられている通常の手順で自己紹介をするのではなく、自分の関心のある分野について、一人で長々と話し続けることがある。

各種の診断基準には明記されていないが、総合的なIQが知的障害域でないことが多く「知的障害がない自閉症」として扱われることも多いが、自閉症と言っても決して他者との会話を避けようとするようなものではない。

なお、世界保健機関・アメリカ合衆国・日本国などにおける公的な文書では、自閉症とは区別して取り扱われる。 精神医学において頻用されるアメリカ精神医学会の診断基準 (DSM-IV-TR) ではアスペルガー障害と呼ぶが、アスペルガーを「障害」や「症候群」として取り扱うことへの反論は根強く、DSM-5ではアスペルガー症候群の名称を無くして自閉症スペクトラム(autism spectrum disorder)に統一される予定。

なのだそうです。

Categorised in: 未分類