お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年7月14日

4560 今日はフランス革命記念日です

今日はカトーズ・ジュリエ。フランスの革命記念日です。

 2009年(画面左上の説明文をクリックすればこの動画が始まります。)
日本ではパリ祭とも呼びます。フランスで7月14日に設けられている国民の休日(Fête Nationale)。1789年同日に発生しフランス革命の発端となったバスチーユ監獄襲撃および、この事件の一周年を記念して翌年1790年におこなわれた建国記念日(Fête de la Fédération)が起源となっています。

なお、フランスでは単に「Quatorze Juillet(7月14日)」と呼ばれ、「パリ祭」は日本だけの呼び名です。これは、映画『QUATORZE JUILLET』が邦題『巴里祭』として公開されヒットしたためで、邦題を考案したのは、この映画を輸入し配給した人たちだったそうです。(この映画はビデオにもなっていますが、お勧めです。)

私(清澤)がパリで原子力委員会CEA(セー・ウー・アー)の留学生(スタジエ)としてこの日を迎えたのは1984年。ポジトロン核医学の勉強をしに行ったときです。住居のあった町(ジフ・スール・イベット)の市役所前広場で家内と盆踊り風のダンスに加わったのを思い出しました。国民的な自転車のロードレースであるツール・ド・フランスも革命記念日ころ行われているのだそうですね。

革命記念日の頃からパリは夏休みになり、すべての市民は2か月仕事を離れて東欧などにバカンスに出かけます。見物に来ているのはお上りさんだけ。この軍事パレードはテレビで放映された数年前のものだそうです。

ジャパン・アズ・ナンバーワンと言われていたころでしたが、フランス市民の意識ではフランスは「アメリカには負けるけれど、日本には文明なんてあるのかね?世界の第3極だなんてなんとおこがましい。」と言う感じだったのを思い出します。

K10030218611_1307131257_1307131302_01一昨日鉄道の事故があったのは、配属されたフレデリック・ジョリオ病院の有ったオルセーから10キロ程度東の町ブレティニ・スール・オルジュで、同じエッソンヌ県の町でした。パリからオルセーに行く高速鉄道RER-B線ではありませんでした。

Categorised in: 未分類