お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年6月30日

4514 心因性視覚障害の過去、現在、未来心因性視覚障害の過去、現在、未来

心因性視覚障害の過去、現在、未来
気賀澤 一輝 先生(杏林大学眼科)

心因性視覚障害では
1、もどかしさ
2、病態がおとなと子供で違うか
3、主科がわからぬ
などが話題となる

日本における病名の変遷1
症例1、朱雀帝 30歳 複雑な家族関係 御目患い 物忌みでの治療も無効、配流した光源氏を京に戻したら治ったと。

日本における病名変遷の2:
ヒステリー性眼疾患 1882ヒステリー性盲目(これはフロイト以前の記載)
ヒステリー弱視の語はは1983年まで使われた。
心因性視覚障害 心因性弱視(=日眼用語集)

ヒポクラテスの著書にヒステリーの記載あり:アロマセラピー、それでだめなら悪臭を負荷する、

中世(6-16世紀)魔女の槌:魔女の診断マニュアル

近世(16-19世紀)ルネッサンス以降は神経病説になってゆく、
メスメル、ブレイド(催眠で)ヒステリーを誘発

19世紀シャルコーはサルペトリエール病院でヒステリーに興味を持った。
非器質的な患者の混入に気が付いていた。

ジャネの解離という考え方:統合された機能が非器質的な機能で壊れること。視機能には視力、視野、立体視、色覚などいろんなタイプがあります。

症例2:目が見えない、耳が聞こえぬ 一週間後の回復をみた。視覚機能の解離状態だったのだろう

解離の分類
1、陰性解離(一部の機能がない)と陽性解離(一部の機能が過剰)とがある
2、症状の発現部位、フロイトの転換という概念

転換conversionとは
A、転換 心的外傷 身体症状
B、複雑型 抑圧された、、

症例3 鉛筆が目に当たった。トリック視力で視力が出る。2週で視力は出る
症例4:複雑型転換例 6年後に立体覚の解離状態で再来した。

欧米における病名の変遷 3
 米国の眼科ではnon organic visual lossとかfunctional visual lossと呼ぶ。

DSM-V(2013年6月29日)

○転換型 症例3や4
○非転換型 転換障害の基準を満たさない、自発的な苦痛の訴えがない、学校検診、8-12歳で見つかる、女子に3倍多いなどの特徴を持つ。
学童期低愁訴型というべきもの

クーパーとロンドン:患者は被暗示性が高い年齢層であり、医師はモニターや観察に徹すればよい。

それに対して成人では転換型である。

眼科と精神科の診断の違いは?
眼科のほうが診断はしっかりしているかもしれない
  機能性神経学的障害はDSM-Vでは

Q3の(治療における)主科はどちら?と言うならば、
眼科医が精神医学のプライマリーケアを身に着けるしかない

1、 転換型と非転換型があるが、後者なら自然治癒は75%ある
2、 暗示的治療:抱っこ点眼:スキンシップと会話3か月で3分の一が回復 プラセボ効果である
3、 プラセボ眼鏡の装用
4、 ピエール・ジャネに「経済論的心理学治療」と言うものがある。
節約の方法:1)休息、2)生活の簡素化 3)精神療法カウンセリングや認知療法
投資編 1)行動療法 2)森田療法;症状とともに生きる方法を身に着けさせる
フロイトの転換理論を参考にした治療:カウンセリングの中で

まとめ:
Q1名称は?;心因性視覚障害、機能性視覚障害 fuctional visual lossと言うのが良いだろう。 
Q2:子供には転換型と非転換型がある
Q3:
Q4:自然治療、暗示療法、回復力を高める治療、原因を除去する治療
Q5:経過観察などが必要
ーーーーーー
清澤の聴講印象記;
座長をさせて頂きました。
さすがに昔からの文献もよく読みこんでおられ、演者なりに同じ転換という単語が異なった時代と著者でどう異なって用いられていたかを解説してくださいました。
小児の心因性視覚障害は転換型と非転換型が分類されますが、その両者の違いなども詳しく文献的に考察されていましたので、秋の臨床眼科学会でのシンポジウムでは、そこも取り入れて私のスライドも作り直したいと思います。

Categorised in: 未分類