お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年6月19日

4481 脈絡膜襞とは

Chorioretinal Folds、脈絡膜鄒壁とは

脈絡膜およびそれに重なる構造物の起伏。

原因:
最も一般には特発性です。
その他のものには遠視、脈絡膜腫瘍、分離、脈絡膜新生血管膜、光ディスク膨潤、眼窩腫瘍、強膜の折込、低眼圧、眼窩および強膜の炎症を含んでいます。
臨床的徴候:

徴候:多くが無症候性です。が、視界の不明瞭さを示し、襞が黄斑窩を走って通る場合、変形視を訴えます。

臨床的なサイン:
網膜の後極上の交替する暗い所と明るい帯黄色の筋を示す。片眼か両眼の皺は眼底検査で観察されます。互いが平行である事もあるし、不規則であるかまたは放射状のパターンがあってもよい、襞は水平であったり、傾いていたり、あるいは垂直の配向を持っているかもしれない。
フルオレスセイン血管造影法:低い蛍光が交互に表れること-そして皺のオリエンテーションに対応するする明るい蛍光線、それは蛍光眼底撮影検査のすべての過程全体にわたって見られる。網膜色素上皮(RPE)細胞が脈絡膜鄒壁で圧縮される場合には、低蛍光部分は暗い帯に相当します。ブルッフ膜および網膜色素上皮細胞が皺の山の部分上で引き伸ばされる場合、過傾向の線は明るい帯に相当します。

——————————————————————————–

•Undulations of the choroid and the overlying structures.
•Causes: ◦ Most commonly idiopathic.
◦ Others include hyperopia, choroidal tumor or detachment, choroidal neovascular membrane, optic disk swelling, orbital tumors, scleral buckle, hypotony, orbital and scleral inflammation.

•Clinical features: ◦Symptoms: ◾Maybe asymptomatic
◾Blurry vision
◾Metamorphopsia if the folds run through the fovea

◦Signs: ◾Unilateral or bilateral folds that produce alternating dark and light yellowish streaks on the posterior pole are observed using ophthalmoscopy
◾May have horizontal, oblique or vertical orientation that are parallel to each other or may have an irregular or radiating pattern

•Fluorescein angiography: ◦ Alternating hypo- and hyperfluorescent lines correseponding to the folds orientation that persist throughout all phases of the study
◦ The hypofluorescent lines correspond to the dark bands where the RPE cells are compressed in the valleys or troughs of the folds
◦The hyperfluorescein lines correspond to the light bands where the Bruch’s membrane and RPE cells are stretched on the peak of the folds

Categorised in: 未分類