お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年6月7日

4450 ED治療薬が眼瞼けいれんの原因になるか?

ED治療薬が眼瞼けいれんの原因になるか?と言う質問をされた患者さんがいます。
私の知るところでは曽於様な話は聞きません。多少調べてみても各薬剤にジスとニアやジスキネジアの副作用は見られません。しかし、勃起障害は自律神経系の不調であると考えられますので、眼瞼けいれんを起こすような何らかの疾患があって、勃起障害を起こしている可能性は考えてみてもよさそうです。

ちなみに現在日本で勃起障害に用いられる薬剤にはバイアグラ、レビトラ、そしてシアリスがあるようです。下にそれぞれの特徴と副作用をグーの記事から引用しますが、ほぼ同文に見えます。副作用には、霧視(むし)、眼の充血・異常感、眼痛なども記載されていますが、無力症と言う言葉以外にはジスとニアやジスキネジアに属する副作用はないようです。

ーーーーーー
シアリス
製薬会社名 日本イーライリリー
適応となるおもな病気 勃起不全
どんな薬か?
 陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)の血管平滑筋(けっかんへいかつきん)をゆるめることによって陰茎への血液量を増やし、海綿体の内圧を高める作用があり、勃起不全(ぼっきふぜん)(満足な性行為を行うのに十分な勃起とその維持ができない)に用いられる男性用機能障害治療剤です。タダラフィル製剤は、作用時間が長く、食事の影響を受けにくい薬です。

副作用
①ときに、発疹(ほっしん)などの過敏症状をおこすことがあります。
②ときに頭痛、ほてり、動悸(どうき)、不整脈、めまい、無気力、記憶力低下、興奮、不眠、下痢(げり)、消化不良、胃痛、胃部膨満感、くちびるの乾き、眼痛、鼻づまり、鼻炎、咽頭炎、副鼻腔炎、陰茎の疼痛(とうつう)、半勃起状態の持続、射精障害、かゆみ、疲労感、筋肉痛、血中尿酸値の上昇、尿蛋白・尿糖の陽性反応などが現れることがあります。

 また、タダラフィル製剤では、紅潮、霧視(むし)、眼の充血・異常感、胃炎、吐き気、胃・食道逆流性疾患、腹痛、肝・腎機能異常、紅斑、多汗、無力症、体重増加、倦怠感などが現れることがあります。

レビトラ
製薬会社名 バイエル薬品
塩酸バルデナフィル水和物製剤

適応となるおもな病気 勃起不全

どんな薬か?
 陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)の血管平滑筋(けっかんへいかつきん)をゆるめることによって陰茎への血液量を増やし、海綿体の内圧を高める作用があり、勃起不全(ぼっきふぜん)(満足な性行為を行うのに十分な勃起とその維持ができない)に用いられる男性用機能障害治療剤です。タダラフィル製剤は、作用時間が長く、食事の影響を受けにくい薬です。

副作用
①ときに、発疹(ほっしん)などの過敏症状をおこすことがあります。過敏症状がおこったときは使用を止め、すぐ医師に相談してください。

②ときに頭痛、ほてり、動悸(どうき)、不整脈、めまい、無気力、記憶力低下、興奮、不眠、下痢(げり)、消化不良、胃痛、胃部膨満感、くちびるの乾き、眼痛、鼻づまり、鼻炎、咽頭炎、副鼻腔炎、陰茎の疼痛(とうつう)、半勃起状態の持続、射精障害、かゆみ、疲労感、筋肉痛、血中尿酸値の上昇、尿蛋白・尿糖の陽性反応などが現れることがあります。

 また、タダラフィル製剤では、紅潮、霧視(むし)、眼の充血・異常感、胃炎、吐き気、胃・食道逆流性疾患、腹痛、肝・腎機能異常、紅斑、多汗、無力症、体重増加、倦怠感などが現れることがあります。

バイアグラ 製薬会社名 ファイザー
クエン酸シルデナフィル製剤
適応となるおもな病気 勃起不全

どんな薬か?
 陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)の血管平滑筋(けっかんへいかつきん)をゆるめることによって陰茎への血液量を増やし、海綿体の内圧を高める作用があり、勃起不全(ぼっきふぜん)(満足な性行為を行うのに十分な勃起とその維持ができない)に用いられる男性用機能障害治療剤です。タダラフィル製剤は、作用時間が長く、食事の影響を受けにくい薬です。

副作用
①ときに、発疹(ほっしん)などの過敏症状をおこすことがあります。過敏症状がおこったときは使用を止め、すぐ医師に相談してください。

②ときに頭痛、ほてり、動悸(どうき)、不整脈、めまい、無気力、記憶力低下、興奮、不眠、下痢(げり)、消化不良、胃痛、胃部膨満感、くちびるの乾き、眼痛、鼻づまり、鼻炎、咽頭炎、副鼻腔炎、陰茎の疼痛(とうつう)、半勃起状態の持続、射精障害、かゆみ、疲労感、筋肉痛、血中尿酸値の上昇、尿蛋白・尿糖の陽性反応などが現れることがあります。

 また、タダラフィル製剤では、紅潮、霧視(むし)、眼の充血・異常感、胃炎、吐き気、胃・食道逆流性疾患、腹痛、肝・腎機能異常、紅斑、多汗、無力症、体重増加、倦怠感などが現れることがあります。

 このような症状が現れたときは、すぐ医師に相談してください。
ーーーーーーーー

Categorised in: 未分類