お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年6月6日

4448 今日から第一回国際ブルーライトシンポジウム

bluelight今日から第一回国際ブルーライトシンポジウムが大手町で行われるそうです。

それに併せて今朝は兵庫県にいる友人がお昼前に診療所を見に来てくださるということで、楽しみにしております。思い出してみれば、診療所を広げたのは丁度一年前の事。女子更衣室を作ったり、視野室を独立させたり、待合スペースを広げたりしたのですが、最近は、「広げたのですね」と言われることも少なくなりました。

坪田教授は私ともほぼ同年代の先生で、その昔はドライアイから眼瞼けいれんにも研究の手を広げておいででしたが、最近は青い色の光(特に青色の発光ダイオード)の網膜に対する光障害に興味をお持ちのようです。どこだかのパンフレットに、眼科のレジデントに成長されたご子息が登場しておいででしたね。

ーー会の概要ーーー
1st International Symposium of Blue Light Society 第1回国際ブルーライトシンポジウム 開催のお知らせ

アメリカ医師会も警鐘を鳴らすブルーライト問題について世界各国より様々な分野の第一線の研究者をお招きして、人体への影響を多角的に検討します。 全講演に同時通訳がつきますので、皆様のご参加をお待ちしております。

 

■会 期: 2013年6月6日(木)~8日(土)
■会 場: JPタワー ホール&カンファレンス (東京)
■会 長: 坪田 一男(慶應義塾大学医学部眼科学教室 教授)
■後 援: 一般社団法人日本抗加齢医学会
    慶應義塾大学SFC研究所ヘルスサイエンスラボ
    ドライアイ研究会
    眼抗加齢医学研究会
■U R L: http://blue-light.biz/isbls/

 

★全講演に同時通訳有
ーーーーーーー

Categorised in: 未分類