お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年4月30日

4330 猪瀬都知事、窮地

imagesCAZISB4R
4330 猪瀬都知事、窮地
猪瀬都知事は信州大学のご出身で、野党的な立場で道路行政を批判した辺りまでは、大衆を引き込んでのプロパガンダも目覚ましかったのです。作家としても私の好きな作家のおひとりなのですが、立場が、副知事そして都知事ともなりますと、マスコミも友好的な人ばかりではないということを痛感されていることでしょう。
今回の御発言は東京が五輪候補地としてイスタンブールよりも優れていると宣伝したかったのでしょうし、またいまどきニューヨークまで出かけてゆくというのにもオリンピック開催の候補地としての宣伝をしたいというのが大きな目的の一つではあったのでしょうけれども。国際的には、「宗教や人種の話を人前ではしない」というのが共通のエチケットなのかもしれません。目の前にいる白人にはユーモアで済まされても、このように記事になるとイスラム教徒の中には怒る人がいることは予測できるのですから。藪蛇にならぬことを祈って、今日の釈明に期待いたします。

続報:同知事は30日、都庁で記者団の取材に応じ「不適切な発言があったことはおわびしたい。イスラム圏の方に誤解を招く表現で申し訳なかった」と全面的に謝罪した。:おそらくこれが最善で、これ以上の逃げ道はなかったと考えます。
ーーーーー

猪瀬都知事、五輪招致めぐる米紙記事めぐり「真意伝わってない」

アメリカのニューヨーク・タイムズは、2020年のオリンピック招致をめぐる、猪瀬東京都知事のインタビュー記事を掲載し、ライバルのトルコを念頭に、「イスラム諸国はけんかしてばかりだ」などと述べたと伝えた。
猪瀬知事は「真意が伝わっていない」とコメントしている。
この中で、猪瀬知事は「イスラム諸国の中で共有されているのは、アラー(神)だけで、互いにけんかばかりしている。彼らには、階級がある」などと述べたとされている。
IOC(国際オリンピック委員会)の行動規範では、候補地同士の比較をすることは禁止されていて、ニューヨーク・タイムズは「IOCの信頼が揺らぐ可能性もある」などと指摘している。
この件について、IOCは「記事の翻訳を見ただけでは、知事が何を言おうとしたのかわからない。全ての候補都市は、招致活動に関するルールに留意すべきだ」との声明を発表し、トルコのスポーツ大臣は、ツイッターで「公正でなく、残念だ」などと述べた。
猪瀬知事は、これを受けて、「私の真意が正しく伝わっていない。ほかの立候補都市を批判する意図は全くなく、インタビューの文脈と異なる記事が出たことは、非常に残念だ」とするコメントを出した。
30日午前中にも、発言の真意などについて、説明することにしている。

(04/30 06:15)

ーーー続報ですーーー
猪瀬知事「不適切発言」と謝罪 他都市批判、反論から一転

 五輪招致をめぐる他都市批判発言について、記者団の質問に答える東京都の猪瀬直樹知事=30日午前、東京都庁
 東京都の猪瀬直樹知事が米紙インタビューで2020年夏季五輪招致のライバル、イスタンブール(トルコ)を批判する趣旨の発言をした問題で、同知事は30日、都庁で記者団の取材に応じ「不適切な発言があったことはおわびしたい。イスラム圏の方に誤解を招く表現で申し訳なかった」と全面的に謝罪した。29日に「真意が伝わっていない」と記事に反論するコメントを発表していたが一転、軌道修正した。問題の早期幕引きを図ったとみられる。招致委関係者は30日、国際オリンピック委員会(IOC)から招致委の竹田恒和理事長に知事発言の事実関係の確認を求めるメールが届いたことを明らかにした。

2013/04/30 13:56 【共同通信】
ーーーーーーー

Categorised in: 未分類