お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年3月31日

4216 春は強風が巻き起こりやすく眼も傷みやすい:というインタビュー記事です

tn_kusyami_kahun03
春は強風が巻き起こりやすく、それによりウィルスなど(の病原体やスギ花粉)が舞うため人体に影響が出やすい。これにより病院に駆け込む患者が増え(てい)る。清澤眼科医院の医療関係者は「中国の(都市煤塵が付着した)黄砂が(アジュバントとなって)目の(スギ花粉)アレルギーの(増悪の)原因と(も)なる。今年は(例年以上に多くの)PM2.5が(日本へも)飛来して(居り、国民の)目に(も、重篤な)ダメージを与えている状況」だと話している。(日刊ゲンダイ)

日刊ゲンダイの井上さんが、煙霧、PM2.5、黄砂、花粉、アレルギー性結膜炎、花粉症あたりのネタに話を聞いてくれました。既に花粉症の季節も終わりそうですが、この話は記事にはなるやらならぬのやら。

??ネット検索したら既に25日の日刊ゲンダイの記事になっていたようですが、上記の文章ならば、見せられた原稿からは大分端折られていたようですね。(カッコ内)が私の意図した内容のお話にするための補充部分です。

情報タイプ:商品 会社名:日刊現代 商品種:新聞 
・ワイド!スクランブル 2013年3月25日(月)11:25~13:05 テレビ朝日

東京での今年のスギやヒノキの花粉飛散はピークを越えたようです。通常花粉症は5月の連休まで続くのですが、この話題はこの辺で収束でしょうか?

Categorised in: 未分類