お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年2月28日

4112 リサミングリーンでの結膜染色度の判定

リサミングレーン○s臨床研究センターのお二人が、リサミングリーンでの結膜染色度の判定の指導に来てくださいました。フルオレスセインに比べるとたっぷりつけて判定します。ガイドラインではマイクロピペットで点眼するのだそうです。結膜は鼻側,耳側球結膜をそれぞれ3象限に分けて計6区画(それぞれ0-3度)なので片眼の結膜が0-18点になります。
調べてみると、この記載評価方法はPerry HD, Solomon R, Donnenfeld ED etal: Evaluation of Topical Cyclosporine for the Treatment of Dry Eye Disease. Arch Ophthalmol 126:1046-1050, 2008に出ているようです。強度、中等度、弱度の変化は基準にする写真を用意してこれと対比して決定します。

興味のある方は上記記事をご覧ください。
(とりあえずこの項目を終了とします。)

Categorised in: 未分類