お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年2月26日

4102 脳出血後遺症の複視について

脳出血後遺症の複視について (質問者:トトロさん)
年末に脳出血し、左に軽いしびれがあるものの、日常生活は送れますが、目の焦点が合わず二重に見えるそうです。
目のリハビリは有効でしょうか?
発症20日ですが、複視はどのくらいで解消されますか?
治療や手術は有効でしょうか?
たくさん質問し、申し訳ありません。
どうぞよろしくお願い致します。

お答
まず、その複視が脳幹内の出血や血流不全に依るのであれば回復は悪いです。
大脳の内出血だけでは普通は複視は起きにくいでしょう。
脳出血に伴う末梢性の動眼神経、外転神経、滑車神経の虚血に因るものならば比較的改善しますが、どこまで改善するかは未定。

1)ビタミン剤などを投与して自然回復を待つ(およそ3カ月が目途)、
2)、眼球のずれが安定したらプリズムメガネを試す。プリズムは掛けられる眼鏡が選べたら幸運、なければやむを得ないので経過観察に戻る。
3)更に大きなずれが有れば、半年以後で斜視手術を行ってもらい、プリズムの使用が可能な範囲に持ち込める場合もある。斜視手術だけでは複視はなくならない。
4)すべてのカテゴリーで、どうしても複視がつよいならば、片眼は眼帯で隠して、複視よりはましな単眼視で暮らす。

という流れに載せます。ご相談ください。

Categorised in: 未分類