お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年2月20日

4082 緑内障における視野変化と視放線障害の相関Positive correlation between the degree of visual field defect and optic radiation damage in glaucoma patients.

緑内障における視野変化と視放線障害の相関の論文がJJO(JapaneセJournal of Ophthalmology)最新号電子版に掲載されました。これは、東京医科歯科大学神経眼科グループの仕事で、実際の患者さんは清澤眼科医院で募集し、東京都健康長寿医療センターで行われた研究です。
とりあえずその抄録を転載しておきます。緑内障が単に視神経萎縮を起こすだけではなくて、外側膝状体よりも先にまで変化を伴う神経変性性疾患であるしているということを示そうとした研究です。村井は現在さらにPETのデータを加えた続編を執筆中です。

ーーー論文の抄録の和訳ーーー
緑内障患者の視野欠損と視放線損傷の程度との間に見られる正の相関関係

村井H、鈴木Y、清沢M、徳丸A、石井K、望月M

東京医科歯科大学大学院眼科

目的:我々は、磁気共鳴画像法の拡散テンソル画像での異方性比率(FA)を用いて、緑内障患者の視放線(OR)での損傷を評価した。

方法:緑内障19人と健常対照の29例を対象とした。関心領域は、FAマップの視放線前部と後部に関心領域を置いてその平均をとり、各地域でのFA値を測定した。

結果:
両側の前部と後部視放線でのFA値は、健康対照群よりも緑内障で有意に低かった(前部視放線右、P = 0.0002、前部視放線左、P =0.00028、後部視放線右は、P= 0.0004、後部視放線左、P =0.0001)。
緑内障の患者では異方性比率FA値と両眼の反対側半視野でのトータル偏差平均との間の相関がみられた。(左半視野mdと視放線右前部FA、相関係数r=0,46、[p=0,013]、右半視野mdと視放線左前部FAでは r = 0.43 [P = 0.021] 、左半視野mdと視放線右後部はr = 0.54 [P = 0.0027]、右半視野と視放線左後部は r = 0.46 [P = 0.012])。

結論:
視放線全体のFA値は緑内障患者で減少し、それは視野欠損の程度と相関していた。

ーーー英文はーーー
Jpn J Ophthalmol. 2013 Feb 16. [Epub ahead of print]

Positive correlation between the degree of visual field defect and optic radiation damage in glaucoma patients.

Murai H, Suzuki Y, Kiyosawa M, Tokumaru AM, Ishii K, Mochizuki M.

Department of Ophthalmology and Visual Science, Tokyo Medical and Dental University, Graduate School, Tokyo, Japan.

Abstract

PURPOSE:

We evaluated optic radiation (OR) damage in patients with glaucoma by using fractional anisotropy (FA) of diffusion-tensor magnetic resonance imaging.

METHODS:

We studied 29 patients with glaucoma and 19 healthy controls. Regions of interest were placed over the bilateral anterior and posterior ORs on the FA maps, and the FA value of each region was measured.

RESULTS:

FA values of the bilateral anterior and posterior ORs were significantly lower in patients with glaucoma (anterior right, P = 0.0002; anterior left, P = 0.00028; posterior right, P = 0.0004; and posterior left, P = 0.0001) than in the healthy controls. In glaucoma patients, significant correlations were observed between the FA values and the average of the total deviation of the contralateral hemifields of both eyes (left hemifield and anterior right OR, correlation coefficient [r] = 0.46 [P = 0.013]; right hemifield and anterior left OR, r = 0.43 [P = 0.021]; left hemifield and posterior right OR, r = 0.54 [P = 0.0027]; and right hemifield and posterior left OR, r = 0.46 [P = 0.012]).

CONCLUSIONS:

FA values of the entire OR were decreased in glaucoma patients and correlated with the degree of visual field defect.

Categorised in: 未分類