お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年2月13日

4063 黄斑変性症(ゆがむ) 視野が上下左右に動く⇒上斜筋ミオキミアでは?

名前:S.K 年齢:80 性別:男性

▼▲相談内容▼▲

黄斑変性症(ゆがむ) 視野が上下左右に動く
——————–
質問:黄斑変性症と言われて6年経過((両眼)。 複数の眼科を受診しました。
いずれも、網膜の下には貯まった水も無し、新生血管の動き無し(OCT)です。黄斑も当初から変化無く進行していない。しかし歪み だけは進行しています。右方側が潰れて小さく見え、大人は、小さく子供のように映ります。
そこで、お願いです。
 昨年から、急速に右眼の視野が上下、左右にピヨクピョク動くのです。両眼のピントが合わぬため、神経が疲れます。いまでは、文字の読み書きもでません。(視力は0.4 と0.6)眼科では、ほかに異常はみられないから経過観察より仕方無いと言う。脳外科でも異常無しと言う。このことで 、何らかの障害があるのでしようか。
お教えください。

お答
中枢性変視なのか?網膜性の変視症なのかをまず考えましょう。右目を隠しても、また左目を隠しても同様にゆがんで見えるならば脳に原因が有る中枢性のものかもしれません。その場合にはMRIで脳の異常を探すでしょう。小さな梗塞などが後頭葉の皮質下に見つかればそれはそれで問題点は解ったとして良いのですが、何も見つからねば?が残ります。
片眼にゆがみがつよいなどの場合には網膜に原因が有るものを考えます。それであれば、まず眼底写真を見て何かの異常が有れば蛍光眼底撮影などに進みます。もちろん両眼に似たような変化を持つことも有ります。眼底変化がなければOCTで更に網膜を見直し、これも正常であれば終了。古くて安定してしまった黄斑変性、黄斑前膜や漿液性剥離でも有ればそれを原因としますけれど、それも無いということになりますと?が残ります。或いは網膜の古い変化は有ることは有るのかもしれません。
そこで上下左右に画像が揺れるというところに引っ掛かるのですが、片方の目の映像がずーっと傾いてゆき、ピコピコと揺れてまたもどるということであるならば、上斜筋ミオキミアという疾患が有ります。上斜筋ミオキミアという疾患もそれを薬剤で抑えるのはやや面倒ですが、点眼剤や飲み薬が有りますので試してもらってください。詳細は清澤眼科医院通信の上斜筋ミオキミアをご覧ください。1217 上斜筋ミオキミアの治療についてhttps://www.kiyosawa.or.jp/archives/51398382.html

相談者の場合、もともとの加齢黄斑変性に最近起きた右の上斜筋ミオキミアが合併しているのではなかろうか?と考えました。家の医院と大学の神経眼科外来を合わせると月に一人くらいは居るという程度で、とても珍しいものという訳ではないですが、上斜筋ミオキミアはそれと知って見てないと気が付かない疾患であり、診断で見落とされることも少なくはありません。上のビデオでは1分40秒あたりにもでていますが本当にそうですか?という眼科の医師も多いでしょう。おかしい方の目で下鼻側を向かせてから中央に戻すと誘発されやすいと言っています。

Categorised in: 未分類