お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2013年1月30日

4024 オリンピック・パラリンピック(2020年)の東京招致署名50名達成

539563
 2020年オリンピック・パラリンピックを日本でという署名要請が、(社)東京都医師会として集められておりましたので、当医院でもその用紙を一人一枚になるように作成し、投票箱を新たに作って約2週間皆様のご協力をお願いしました。その結果50名の署名が集まりましたので江東区医師会に送付をいたしました。皆様の協力に感謝申し上げます。署名用紙上の趣意書きの部分には次のように書いてありましたが、この文章は公式なページではどこからも見つけることが出来ませんでした。

 「震災からの復興を目指す私たち国民にとって、オリンピック・パラリンピック大会の開催は、明確な目標と団結をもたらします。また、オリンピック・パラリンピック大会の開催は、日本経済の回復につながるとともに、スポーツの力が、いかに人々を励まし、勇気づけるかということを示すことで、次世代へ夢と希望を与えることができます。
 東京オリンピック・パラリンピック招致を求める熱いご声援を、大きなうねりとして、日本のみならず世界に届けるため、みなさまの絶大なるご支援・ご協力を賜りたいと存じますので、なにとぞよろしくお願い申し上げます。」

清澤のコメント:
 皆様のご協力に心から感謝いたします。私は社会経済的な理由だけで、このイベントが必須だと考えて医院の場を署名のために提供いたしました。ただし、個々の患者さんに個別に声をかけての依頼をせず短期間で50名の署名は期待以上でした。

 医師会から回された用紙では、上に書いた人の名前や住所が読めるようなものでしたので、独自に一人だけの署名用紙になるように用紙を作り直し、投票箱に入れていただくようにしました。

 前回の開催地決定前には地域の議員さん方に積極的な動きがみられなかったのに比べると、今回は多少住民を巻き込んだ運動が展開にできている様に見えます。しかし、招致委員会のホームページを拝見する限り、勝手連を作って応援しようという雰囲気は盛り上がってはいないようです。まあ、みんなが一方に顔をそろえて向けるという社会はそれはそれで、気味と居心地の悪いものではありましょうけれども。

Categorised in: 未分類