お問い合わせ

03-5677-3930WEB

ブログ

2013年1月27日

4015 2012年清澤眼科(および東京医科歯科大学神経眼科研究グループ)関連業績

2012年清澤眼科(および東京医科歯科大学神経眼科研究グループ)関連業績

原著
1. Suzuki Y, Emoto H, Kiyosawa M. Hemifacial spasm-A review and update. Neuro-ophthalmology Japan. 2012; 29:111-118.

2. Suzuki Y, Nariai T, Kiyosawa M, Mochizuki M, Kimura Y, Oda K, Ishii K, Ishiwata K. Increased adenosine A1 receptor levels in hemianopia patients after cerebral injury: an application of PET using 11C-8-dicyclopropylmethyl-1-methyl-3-propylxanthine. Clin Nucl Med. 2012; 37: 1146-1151. (impact factor: 3.92).

3. Ishiwata K, Shimada J, Wang WF, Harakawa H, Ishi S, Kiyosawa M, Suzuki F, Senda M, Evaluation of iodinated and brominated [11C]styrylxanthine derivatives asin vivo radioligands mapping adenosine A2A receptor in the central nervous system Annals of Nuclear Medicine 2012;14:247-253. (impact factor: 1.5).

4. Shimizu M, Suzuki Y, Kiyosawa M, Wakakura M, Ishii K, Ishiwata K, Mochizuki M. Glucose hypermetabolism in the thalamus of patients with hemifacial spasm. Mov Disord. 2012; 27: 519-525. (4.51 Impact Factor)

5. Murai H, Suzuki Y, Kiyosawa M, Tokumaru AM, Ishii K, Mochizuki M. Positive correlation between the degree of visual field defect and optic radiation damage in glaucoma patients. Jpn J Ophthalmol. (in press).

総説
1. Q and A:江本博文、江本有子、清澤源弘。光をまぶしく感じる羞明はなぜおこるのでしょうか?Clinical Neuroscience 別冊 2012;30:1316-1317.

2. 清澤源弘 眼瞼けいれん診療ガイドラインの概略 (わかりやすい臨床講義) 日本の眼科 83:832-836

3. 鈴木幸久、清澤源弘、眼瞼手術に必要な基礎知識―3.瞬目の仕組み、眼手術学、2.眼瞼、野田美香編、文光堂、P16-19、2012

4. 江本博文、江本有子、清澤源弘、眼瞼痙攣の心身医学と神経薬物、神経眼科:2012;29:166-175.

5.江本博文、江本有子、清澤源弘。Leber病。Clinical Neuroscience 別冊 2012;30:1034-1036.

(集計途中ですが少なくとも2012年はお陰様で、この3論文が出版にこぎつけられました。2013.2.23追加)

〔著書〕
1.清澤源弘、虚血性視神経症、今日の治療指針 私はこう治療している、医学書院1236-1237、2012 (2012,1.1)

2、江本博文、清澤源弘、神経眼科的検査、ビジュアル脳神経外科5、頭蓋底,①前頭蓋て底・眼窩・中頭蓋窩 担当編集富永悌二、Medicak View社pp36-47,2012

[学会発表]
1、口頭発表
村井秀樹、鈴木幸久、清澤源弘、石井賢二、若倉雅登、眼瞼痙攣の重症度と視床の糖代謝が相関した1例、第4回東日本眼瞼痙攣シンポジウム、2012.6.23、東京

2、内田亜梨紗、江本博文、西山友貴、清澤源弘、望月學、両眼中心暗点を呈した心因性視覚障害の一例、第50回神経眼科学会2012.11.18、京都

3、江本博文、清澤源弘、望月學 、大谷木正貴、小林禅、石橋哲、垂直眼球運動障害を呈した傍腫瘍症候群の一例、第50回神経眼科学会 2012.11.18、京都

[特別講演・招待講演・シンポジウム など]
1.若倉雅登、清澤源弘、山田昌和、解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴 その10 グランドフィナーレ、第66回日本臨床眼科学会、2011.10.26、京都

2、清澤源弘、千代田眼科医会11月学術講演会 特別講演 「解決!眼と視覚の不定愁訴・不明愁訴、眼瞼痙攣を中心に」2012.11.9 井上眼科病院会議室(別棟)

[その他の一般誌への投稿文]
1、清澤源弘、精神科の薬には、緑内障が有ると使えないものがあるの? 眼科ケア12月号 pp、

2、清澤源弘、抗不安薬で眼瞼痙攣が起きるって本当ですか? 眼科ケア12月号 pp、

 
[報道記事]
1. 加齢黄斑変性症を防ぐ (監修) クック & ライフ 2012.6 p10-11 

2.日刊ゲンダイ 健康医療ネット 清澤眼科医院 本紙とも 2012.7.4(http://kenkou.gendai.net/wp-content/uploads/2012/06/2012_07_03-img.jpg)

3.医院拡張しお披露目会、神経眼科診療より強化 清澤眼科医院 (記事) 眼鏡総合専門雑誌 眼鏡 2012.8 p140

4. ドライアイ 教えてDr. ~その時どうする?~(text高田幸絵) ニッキンマネー 86 2012年11号p88-89

5. ?

(次年次2013)
1、わけもなくイライラするときは 目をいたわろう (監修:清澤源弘) 笑顔2013.2号 p14-15

2. 目・まぶたに異常、これ何? 症状様々「眼瞼けいれん」  朝日新聞 (本紙取材記事)1月22日 (http://apital.asahi.com/article/iryou/2013012200006.html)

3.《この時季、気になるこの症状―雪眼炎》夕刊フジ2013年1月16日

4、糖尿病網膜症 眼科で糖尿病宣告!?失明招く 網膜症レーザー、手術 早期治療を、 夕刊フジ本誌 2013年01月28日

  (まだ追加調査中です)

Categorised in: 未分類