お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2012年12月30日

3932 少年と自転車:ようやく見ることが出来ました

img_522269_30505530_0
午後からビデオを借りてきました。以前この映画を勧めてくれた人がいて、渋谷で上映中と言うところまでは調べたのですが、結局見られなかったという作品です。
フランス語の映画ですが03年に監督兄弟が来日し、「施設に預けられた少年は親が迎えにくるのを待ち続けていた」という日本の話に着想を得て製作された作品なのだそうです。子供が死亡したりして漸く注目されるのですが、水面下のケースも多いのでしょう。育児放棄がキーワードです。


少年と自転車 [2012年3月31日公開]

あらすじ・解説 – 少年と自転車
第64回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したダルデンヌ兄弟作品。育児放棄された少年が頼る大人を見つけるまで、そして、彼を支える女性が母性を目覚めさせる過程を丁寧に描きだす。(作品資料より)

解説 – 少年と自転車
「ロルナの祈り」のダルデンヌ兄弟が、日本で開催された少年犯罪のシンポジウムで耳にした“育児放棄された子ども”の話に着想を得て作り上げた作品。出演は、「ヒア アフター」のセシル・ドゥ・フランス、100人の候補者の中からオーディションで選ばれた新人トマ・ドレ。カンヌ国際映画祭で、審査員特別グランプリを受賞。

あらすじ – 少年と自転車
シリル(トマ・ドレ)は、もうすぐ12歳になる少年。彼の願いは、自分を児童養護施設へ預けた父親(ジェレミー・レニエ)を見つけ出し、再び一緒に暮らすこと。電話が繋がらない父を捜すため、学校へ行くふりを…

『少年と自転車』あらすじ全文

シリル(トマ・ドレ)は、もうすぐ12歳になる少年。彼の願いは、自分を児童養護施設へ預けた父親(ジェレミー・レニエ)を見つけ出し、再び一緒に暮らすこと。電話が繋がらない父を捜すため、学校へ行くふりをして父と暮らしていた団地へと向かうが、呼び鈴を押しても誰も出ない。探しにきた学校の先生から逃れようとして入った診療所で、美容院を経営する女性サマンサ(セシル・ドゥ・フランス)にしがみつくシリル。“パパが買ってくれた自転車があるはずだ!”と言い張るが、部屋を開けるともぬけの殻。ある日、シリルのもとをサマンサが訪ねてくる。シリルの話を聞いて自転車を探し出し、持っていた人から買い取ってくれたのだ。“乗っていたそいつが盗んだんだ!”と憤るシリル。サマンサに週末だけ里親になってもらうことを頼み込み、一緒に過ごしながら、父親の行方を捜し始める。自転車の売り主はガソリンスタンドにあった“自転車を売る”という貼り紙を見て、手に入れたという。大切にしていた自転車を売ったのは父親だったのだ。貼り紙から住所を探し出し、ようやく父親と再会するシリル。父親は“お金がなくて迎えに行けない”と弁明する一方で、密かにサマンサに“重荷なんだ。会いたくないと伝えてくれ”と頼む。しかし、サマンサは、自分で告げるよう父親に言う。“もう会いに来るな”との言葉を残して、扉を閉める父親。これをきっかけに、サマンサはそれまで以上に真摯にシリルと向き合い始める。恋人との間に軋轢が生まれるほどに、彼女はシリルを大切に思い始めていた。どうしようもなく傷ついた心を抱えるシリル。ふたりの心は徐々に近付いていくかに見えた。けれど、ふとしたことで知り合った青年との関係が、シリルを窮地に追い込む……。

Categorised in: 未分類