お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2012年12月28日

3923 【音が目に見えるかたちに!? ユニークなアート作品『Firewall』】の記事です

結構、音楽のように聞こえるものなのですね。

Firewall
Posted on December 17, 2012 by aaronsherwood

Firewall is an interactive media installation created in collaboration with Mike Allison. A stretched sheet of spandex acts as a membrane interface sensitive to depth that people can push into and create fire-like visuals as well as expressively play music.

日本語での紹介ーー
音が目に見えるかたちに!? しかも演奏までできちゃうユニークなアート作品『Firewall』2012.12.28 08:00

【音が目に見えるかたちに!? しかも演奏までできちゃうユニークなアート作品『Firewall』】

音は目に見えるものではありません。当たり前のことですよね。でもね、これからご紹介するのは、目に見える音、なんですっ。

アーティストのAaron Sherwoodさんが手掛けたのは、音を視覚化し、なおかつそれを演奏することができるという、大変ユニークなアート作品『Firewall』。一目見たらきっと、あなたも体感してみたくなっちゃいますよ~。

『Firewall』をひとことで言うならば、「人の動作によってあらかじめ決められた音楽が流れる」プレイヤー。だから演奏できるとはいえ、楽器ではありませんのであしからず。

Sherwoodさんによると、キネクトの働きによって、プロジェクターを用いて布に投影した「音をイメージしたかたち」が、人の動きに合わせて変化するのだそう。さらにそれに連動して音楽も鳴る、という仕組みのようです。しかも驚くべきことに、動きの強弱によっても音やかたちが変化するんですって! スゴイっ!

音は、たしかに見えません。でも、音から連想するイメージは、多少なりともあるもの。それはなにも、「音から色を連想する」などといった『共感覚』ほどでなくとも良いのです。たとえば「この音楽は柔らかいな」という程度の印象なら、きっと誰しもが抱くはずだから。

一度は体感してみたくなるアート、『Firewall』。全身で音に共鳴している感覚に、ドハマりしてしまいそうですっ。

(文=田端あんじ)

参考元:aaron-sherwood.com( http://goo.gl/kZmtV )
ーーーーーーー

Categorised in: 未分類