お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2012年12月5日

3860 鼻涙管閉塞(流涙症)に関する質問とお答えです

流涙症の患者さんから質問を受けました。

以前の記事(⇒リンク)と合わせてご覧ください。この分野は私の特に得意とする分野ではないのですが、50歳過ぎの古いタイプの眼科医ならそれなりに対応できる分野です。

最近の眼科の先生方の中には、白内障手術は上手にこなしても「鼻涙管閉塞治療などのような荒業」は苦手な方も多く、また古来のブジーを通すという方法もその道の専門家によれば「仮道」という誤った通路を作ってしまうこともあるということで嫌われるようです。自分でNS-チューブを入れるなどの処置をしないならば、それを得意とする医師に遅滞なくお願いする必要があります。

ーーご質問ーー

はじめまして。30代の女性です。涙小管の件で検索をしていたら先生にたどり着き、質問をさせて頂きました。私は20年以上前から左目上下の涙小管が詰まっていて、2週間前に大学病院でシリコンチューブ留置の手術をして、2週間後にチューブを抜く予約が入っています。診察時に「上下とも涙点から3mm位の所が詰まっていて涙小管はフニャフニャしているのでもしかしたら貫通しないかも」と言われたのですが、実際は貫通してシリコンチューブを留置出来ました。術後3日位は全く涙も出なくて喜んでいたのですが段々と涙目になってきて、術後1週間後の通水検査では下の涙小管は完全に詰まっていました(上はどうにか通水しました)。先生は「1ヶ月でチューブを抜かなくてはいけない」とおっしゃるのですが、ネットで色々調べると2~3ヶ月置いてから抜くという記載も見かけます。今の私の状態ではこれ以上チューブを置いても下の管は良くならないのでしょうか?あと、通水の針は涙小管とチューブの間に刺すと聞いたのですが、チューブが通ったのに通水しないという事は涙小管とチューブの隙間が全くないという事なのでしょうか?本当なら担当医に相談するべきなのですが、先日予約変更の電話をしたら「予約日と同じ曜日でないと変更出来ません」と言われ、仕事の都合がつかずに変更出来ませんでした。先生のサイトを見ると①シリコンチューブ留置後に抜く②鼻の骨をけずって新たな通り道を作る以外にもう1つシリコンチューブを使った方法がある様に思えたのですが、どの様な方法でしょうか?質問ばかりで申し訳ございませんが、ご返答をよろしくお願い申し上げます。

2012-12-04 19:34:12
ーーー質問終わりーーーー
ーーー清澤のお答えーーーーー

 涙管ブジーという方法は、古来からの方法で、銀の消息子を涙小管から入れて鼻腔に向かって押し込み、癒着をはがしたうえで、生理食塩水などを流すという方法ですが、赤ちゃん以外では、また癒着が再発して終わることが多いようです。ですから、私は敢えてこれは行わず次の手を用います。

ophthalmology_pct02
鼻涙管に入れるNSチューブ(カネカ製)は細い管の両端にやや太い部分がヌンチャク状に着いた製品で、これを上の涙小管と下の涙小管から鼻涙管まで入れておきます。2週間の留置期間はやや短く、3月くらい入れておくのが良いでしょう。近隣の病院のこれを得意とする医師にお願いしています。
cimg4
入れるのに涙道内視鏡を使わない方法と使う方法があります。入れた後は1-2週ごとにできれば太い涙洗針で生理食塩水をこちらで流して通水を確認します。そっと流すと通らぬこともありますが、根幹を太いチューブが通っているのですから強く流せば通らないはずはありません。

 このNDチューブ設置に鼻の中から鼻内内視鏡を入れてNSチューブが鼻腔に出たことを確認誘導する方法もありますが、今私の紹介できる先でそこまでルーチンにしてくれているところはありません。

 どうしようもなく鼻涙管が癒着していたりする場合に行われるのが涙嚢鼻腔吻合です。(これも、都内でも行える紹介先を探すのは簡単ではありません。)

 強い流行性結膜炎のあとや、ある種の経口投与の抗がん剤の副作用で涙小管の入り口付近に糜爛を生じ、この結果で涙小管の入り口近くで涙小管内腔が癒着すると、このNSチューブがそもそも入れられない場合があります。この患者さんのケースは結膜炎後なのかもしれませんが、NSチューブが運良くいったん入ったなら暫く辛抱強く洗うことを続けて内腔の炎症が治まって再度の癒着が生じないころ(3か月か?)まで待って抜くのが良いかと思います。けれども、その抜去時期は入れてくれた医師の裁量のうちかと思いますので、術者にご相談ください。

お大事に
ーーーーーーーー

2012-12-05 08:43:26
2012-12-08 06-26 改定

Categorised in: 未分類