お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2012年10月26日

3751 iPS臨床応用を初申請 網膜再生、理研など来年度目標

3751 iPS臨床応用を初申請 網膜再生、理研など来年度目標のニュースです。
新幹線の中の文字ニュースで気が付き、検索したらこのニュースが出ていました。
心臓に関連したとんだ茶番の後ですけれど、このニュースは眼科医の間ではよく知られた間違いのない話です。
従来の経緯からすると、網膜という視細胞と神経細胞が複雑に絡んだ網状の組織自体を再生させるわけではなくて、おそらく網膜色素上皮層という網膜よりもひとつ深い部分にあって、この網膜の正常なターンオーバーを支える層をこのiPS細胞で作るのだと思います。高橋先生もコメントしているように、まだまだやっと研究が動物からヒトの段階に入ろうという段階ですから、それが標準的な治療になるにはいま暫くの時間が必要であろうかと思います。

e3573734
ーーーニュースの引用ーーー
iPS臨床応用を初申請 網膜再生、理研など来年度目標

【サンフランシスコ=桜井林太郎】ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、目が見えにくくなった人の網膜の再生医療を目指している理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)などの研究チームは、臨床研究の実施申請を理研の倫理委員会に提出した。実施病院の倫理委員会にも近く提出する。来年度中の開始を目指す。倫理委と国が承認すれば、iPS細胞を使った初の臨床応用となる。

 米サンフランシスコで25日午後(現地時間)、国際幹細胞学会などが主催する「細胞の初期化に関する国際シンポジウム」の講演で理研の高橋政代プロジェクトリーダーが明らかにした。高橋さんは眼科医で、山中伸弥・京都大教授らの協力を得てiPS細胞を使った再生医療の研究を進めている。

 高橋さんによると、老化で網膜中心部の黄斑に障害が生じた「加齢黄斑変性」の患者6人が対象。患者の細胞をもとに作ったiPS細胞から網膜の細胞シートを作り、移植する。手術は隣接する先端医療センター病院で行い、神戸市内の病院で術後管理をする予定。

Categorised in: 未分類