お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2012年10月16日

3727 ドライアイ (ニッキンマネー11月号の記事です。)

ニッキンマネー-3
ドライアイ
パソコン普及などによって、現代人の眼は酷使され、日本人の約800万人が、ドライアイになっていると推定されます。
毎日パソコンを使って仕事をしています。そのため眼が疲れやすく、いつも軽い痛みや不快感があります。市販の点眼薬を使っても状態が改善されないので、先日、近所の眼科を受診したところ、「ドライアイ」と診断されました。(A子さん・会社員)

2つのタイプがある 
ドライアイは、眼の表面の乾燥によって、眼の不快感や見え方に異常が起こる慢性疾患です。眼の表面が乾燥する原因は主に2つ。涙の量が減少しているか、涙が蒸発しやすくなっているかです。
 涙は、表面から油層・水層・粘液層の3層構造を築きます。涙の量が減少するタイプは、水層が減って眼が乾燥している状態。このタイプの原因には、シェーグレン症候群という自己免疫疾患の一種や、慢性結膜炎、アレルギー疾患などあります。
 一方、涙が蒸発しやすいタイプは、涙の油層が減って、眼の表面を覆う涙液が破たんしやすい状態です。これを「蒸発亢進型のドライアイ」と呼びます。

多いのはIT眼症
 近年、患者数を増やしているのが、蒸発亢進型です。原因の1つは「IT眼症」。コンピュータ作業者の約3分の2にはドライアイがあると推測されます。眼の表面を覆う涙液は数秒で破たんしてしましますが、瞬きによって再生されます。通常、会話時には平均で毎分16.6回ある瞬きの回数が、パソコンやゲームの画面を見つめていると、6.6回にまで減れば、涙液の破たん時間が長くなり、眼が乾きやすくなるのです。

「眼のふち」が大事
 また、高齢者に多い蒸発亢進型ドライアイは、マイボーム腺機能不全が原因します。マイボーム腺とは、涙の油層を分泌する部位で、眼のふちにあります。加齢とともにその機能は低下し、油層の減少を起こします。また、女性が目のふちにメイクを施すことも、油層の出口を塞ぐため、よくありません。コンタクトレンズの不適切な使用や眼表面異常などによる疾患、空気の乾燥なども、ドライアイを引き起こします。

「涙点プラグ」という治療法
 眼に不快感を覚えると、市販の点眼液で対応しようとする人は少なくありません。ただ、ドライアイの治療では、その程度で解決する状態かどうかを、まず知る必要があります。また、涙の量や油層の状態を調べて、原因をつきとめることも肝要です。原因に応じた治療を受けるためにも、眼に異常を感じたら、眼科医院で検査を受けましょう。
治療を継続しても状態が緩和されない場合は、涙の排出口に小さな栓「涙点プラグ」を入れて、涙の排出を遮断し、眼の乾燥を防ぐという治療法もあります。ただし、すべての眼科医院で受けられるわけではないので、受診前に確認するとよいでしょう。

Doctorからのアドバイス
①ドライアイチェック
□眼が乾いたかんじがする         
□眼がかゆい
□眼が疲れやすい             
□眼がごろごろする
□何となく眼に不快感がある        
□眼があかくなりやすい
□光がまぶしくかんじやすい        
□眼が痛い
□めやにが出る              
□眼が重たい感じがする
□ものがかすんで見える          
□理由もなく涙がでる

チェックが5つ以上ならドライアイの可能性あり。さらに10秒以上眼を開けていられない、または瞬きの回数が多い(毎分40回以上)場合は、可能性はさらに高まる。医師の診察を受け、適切な治療を行おう
ニッキンマネー-1

②眼のケアをしよう
眼のふちのマイボーム腺はデリケート。毎日ケアして良い状態を保つこと。入浴時、お湯に浸したタオルを軽く絞り、約5分間両眼にのせる。その後、ベビーシャンプーなど低刺激の石鹸をよく泡立て、眼のふちを洗ったら、石鹸をきれいに流す。その上で処方の点眼薬をさすとよい。

ニッキンマネー-2

③乾燥を避けよう
空気の乾燥は眼の乾燥も引き起こす。除湿機による湿度の下げすぎは眼の乾燥を招く一因にも。夏場は冷房で湿度を適度に保つこと。また、たばこの煙は涙の状態を不安定にする。ドライアイの緩和には禁煙も必要。

ニッキンマネー
④パソコンとの距離が大事
ディスプレイは見上げる形で高めに設置すると眼が乾くのでNG。眼の高さより低く置くこと。ディスプレイと眼とキーボードの距離は、イラストのように二等辺三角形が理想。椅子の高さは、かかとがきちんとつくように設置。十分な明かりのもとで作業することも大事。

texts 高田幸恵.Illustration 川添むつみ
ーーーーー
いかがでしたか、ニッキンマネー11月号に取り上げて戴いた清澤のインタビュー記事です。

Categorised in: 未分類