お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2012年10月14日

3716 中東情勢不安で、原油が上昇し金は迷走中とか、不況は更に深化しているのでしょうか?

3716 中東情勢不安で、原油が上昇し金は迷走中とか、不況は更に深化しているのでしょうか?
ノーベル平和賞はECに贈られることが決まったそうですが、中東は情勢不安を受け、原油や貴金属などの国際商品価格は7月から10月初旬の回復とは多少違う動きのようです。近隣の町を歩くと、住宅などの建設工事も多少眼に入ってきますが、高円寺では最近閉店して新たな借り手を求めるビラが貼られたた小さな商店や飲食店の貸室も目立ちます。不況は更に深く続いているのでしょうか?

ーーー(ニュースの引用:抄出)ーーーーーーーーーー
中東の情勢不安により原油が上昇、スポット金はIMFのコメントをうけ圧迫される
【経済ニュース】 2012/10/10(水) 11:57

 スポット金は9日小幅に下落し、3日続絡。国際通貨基金(IMF)は9日に再び世界経済成長の予想を下方修正した。世界経済の行先への懸念から金価格は圧迫された。

 また、ギリシャのサマラス首相は、ユーロ圏にとどまる決意があると言明した。これを受け、ギリシャの債務問題拡大への懸念が後退し、金価格は支援された。世界最大の金上場投資信託(ETF)の金保有量は7.08トン増加で、金実物買いが強い事を示した。

  中東の情勢不安による原油供給不足が懸念されているため、NYMEX原油先物は9日大幅に上昇した。トルコとシリアの間では、6日連続で砲撃の応酬が行われている。当該地域の紛争の激化は中東原油供給中断への懸念につながるため、原油価格は後押しされて3%上昇した。
ーーーーーーーーー

Categorised in: 未分類