お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2012年10月11日

3709 日本の将来をめぐる2人のタカ派の争い:と言う記事です

3709 日本の将来をめぐる2人のタカ派の争い:
日本の将来をめぐる2人のタカ派の争いという記事がWSJ(ウォールストリートジャーナル日本版)に出ています。安倍前総理と野田首相とをそう呼んでいるのですけれど。

「日本では13年5月までに総選挙が行われる。長引く景気停滞などの国内問題もさることながら、日本の地域的孤立や中国・韓国との深刻な関係緊迫化に対する懸念の高まりを受け、外交政策の重要性が急速に増している。野田氏と安倍氏は自らの強硬派としての実績に競って磨きをかけているが、これはいずれにしろ、日本の外交政策が一段と保守寄りに傾く可能性があることを意味する。」 とのことです。

野田首相の対応を比較的肯定した米国の立場からの発言です。

ただただ、日本の有能な指導者の不在を嘆くのではなく、それぞれの特徴を見極めた評価をして見せるところははさすがに大人の評価だと感じました。

記事の引用にアピキーというのを初めて使ってみました。版権をクリアーして引用することが求められる時代ですから、これは良さそうです。

Categorised in: 未分類