お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2012年10月9日

2714 社会の変化と「消える仕事」「新しい仕事」だそうです

job_loss-thumb-550xauto-82842
2030年までに技術革新によって全ての仕事の50%が消滅する!!社会の変化と「消える仕事」「新しい仕事」をまとめてみた:と言う記事が出ていました。

ーーーガジェット通信2012年10月08日14時06分の要点は以下の通りーーーー
2030年までに技術革新によって全ての仕事の50%が消滅する!!社会の変化と「消える仕事」「新しい仕事」をまとめてみた 

(キルロイさんのソーシャルニュースサイト『コモンポスト』より)

技術というもの進歩は目覚しく、その影響はあらゆる分野に及んでいます。そして、技術革新によって多くの仕事が機械化・自動化され人間の仕事はなくなっていきます。

トルコのイスタンブールで開催された「TEDxReset」の講演の中で披露されたトーマス・フレイ氏のスピーチに、技術革新によって2030年までに現在存在している仕事の50%が消えてしまうという衝撃的なものがありました。今後、消える仕事、新たに生まれる仕事とはいったい何なのでしょうか。

●1.電力業界

2030年では、既存の大規模発電所からの送電電力にほとんど依存せずに、エネルギー供給源と消費施設をもつ小規模なエネルギー・ネットワーク「マイクログリット」が普及する。「マイクログリット」でのエネルギー供給源は分散型電源であり、太陽光発電、風力発電、バイオマス発電、コジェネレーションなどを組み合わせたもの。

消える仕事
・大規模な風力発電所、天然ガス、バイオ燃料の発電所は閉鎖(エンジニア)(修理工)

新しい仕事
・小型の発電装置生産・マイクログリッドを操作するためのエンジニア、マネージャーなど

●2.自動車産業

運転は、時間、エネルギー、お金の無駄。自動運転車によってこれらが解決。自動運転車によって輸送技術は格段に進歩し、自動車の台数自体が減少。

消える仕事
・トラック、タクシー、リムジン、バスなどの自動車ドライバー
・ガソリンスタンド、駐車場、交通警察、交通裁判所
交通事故によるケガ人に対処していた医師、看護婦

新しい仕事
・交通監視員・自動化された交通システムのデザイナー、建築家、エンジニア

●3.教育
インターネット上にある教材で学習し、自力で勉強できるようになります。体系化された学習システムを教師ではなくコンピュータから学び、専門的で複雑な問題だけを専門の教師から学ぶようになるでしょう。

また、わざわざ高い授業料を払って学校に行かなくても同じ内容を低価格で学ぶことができ、自分には必要のないくだらない授業を聞かなくてもよくなります。

消える仕事
・教師・トレーナー・教授

新しい仕事
・コーチ・学習コースデザイナー

●4.製造業

立体的なものを製造できる3Dプリンター技術が進歩。自動車や機械などは言うに及ばず、あらゆる産業で応用が可能です。ほとんどの製造業者と小売業者の仕事はなくなりますが、製品の設計やデザインなどの需要が拡大します。

消える仕事
・衣類メーカー、衣料品小売業者・建築資材、建設産業者・製造業者、小売業者

新しい仕事
・3Dプリンターの設計、エンジニアリング、製造
・工業デザイナー、スタイリスト

●5.ロボット

人間の労働を代替してくれる究極の機械装置ロボット。最終的に、人間の仕事の全てを行う。全ての物理的な仕事をロボットが行うようになり、人間の仕事は精神的、知的なものに集中します。

消える仕事
・漁師・農家・検査官・兵士・大工は消えます

新しい仕事
・ロボットデザイナー、エンジニア、修理工、セラピスト・ロボットのトレーナー

これら以外にも新しい技術が生まれることで、より多くの仕事は消えてしまいます。しかし、その代わりに新しい仕事も生まれるでしょう。

また、あらゆる技術革新は、単純な仕事を真っ先に消し去ります。しかし、職を失った人の多くがこれらの単純労働の従事者であり、労働の需要と供給を一致させることが大きな社会問題となるでしょう。技術革新によって、人間の再定義が迫られているのかもしれません。
ーーーーーーーー
清澤のコメント:
非常に多くのページがこの記事を引いています。この記事はこれから来る未来ではなくて、既に芽生えた技術が今後世をどう変えるかを知らせたものだと言います。

参照:「Futurist predicts 50% of all jobs will disappear by 2030」2012年02月06日『DVICE』
http://dvice.com/archives/2012/02/futurist-predic.php

Categorised in: 未分類