お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2012年8月22日

3589 「マッハ6」の米空軍の無人極超音速機31秒で墜落:の記事です

3589 「マッハ6」の米空軍の無人極超音速機31秒で墜落:の記事です
Z20120816TTAPT00765G3000000
米国ではマッハ6の無人航空機の開発が行われているのですが、その3機目の実験は制御翼の不具合で失敗したとの発表が有りました。そもそもどうしてマッハ6などと言う高速の航空機を作ろうと言うのでしょうか?英BBC放送は「世界のどこにでも2時間以内で到達するミサイルを想像してください」と明快に説明したそうです。機体から発生する衝撃波に乗るよう設計されていると言うところが新しそう。しかし、「米空軍が2004年から開発に着手し、これまでに推定1億4000万ドル(約110億円)の予算を投入と」のことですが、この金額は日本のH2Aの開発費用 1,532億円、打ち上げ費用 85 – 120億円というロケットの開発費に比べて考えると桁が小さすぎませんでしょうか?大気圏内と言う事で安くできるのでしょうか?

ーーー記事の引用ーーーー
米空軍、遠い「マッハ6」…無人“極”超音速機31秒で墜落
2012.08.18
(http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/2012/08/0817X51A/)
上の図:B52戦略爆撃機につり下げられた「X51Aウェーブライダー」の最終チェックを行う米空軍の地上作業員 =14日、米カリフォルニア州のエドワーズ空軍基地(ロイター)

 米空軍は15日、米カリフォルニア州沖の太平洋上で14日に実施した無人極超音速機「X51Aウエーブライダー」の飛行実験が、制御翼の不具合で失敗したと発表した。飛行実験は3度目だったが、ニューヨークとロンドンを1時間以内、ニューヨークとロサンゼルスを36分で飛べるという目標速度のマッハ6(時速約7300キロ)には到達できなかった。(SANKEI EXPRESS)

エンジン点火前に…

 ロイター通信やCNNなどによると、「ウエーブライダー」は14日午前11時36分(日本時間15日午前3時36分)、エドワーズ空軍基地(カリフォルニア州)を立ち、高度約15000mを飛ぶB52戦略爆撃機から切り離され、ロケットブースターに点火されたが、点火から16秒後、機体をコントロールする制御翼の不具合が判明した。

それから15秒後「ウエーブライダー」の本体からロケットブースターを切り離したが、制御翼の不具合のせいで機体はコントロールを失い、マッハ6を実現するための主力エンジン(スクラムジェットエンジン)が点火する前にバラバラに壊れ、太平洋上に落下したという。

 当初計画では、B52戦略爆撃機から分離後、高度約21000mにまで上昇し、約5分の水平飛行でマッハ6に到達。太平洋上に落下した後は経費節減のため回収せず、破壊するはずだった。

 ライト・パターソン空軍基地(オハイオ州)内にある空軍研究所で「ウエーブライダー」計画の責任者を務めるチャーリー・ブリンク氏は公式コメントで「残念ながら、サブシステムに問題があり、スクラムジェットエンジンに点火する前に飛行実験が終わった」と説明。

 さらに「すべてのデータが、エンジン点火のための条件が整っていたことを示していたので、目標達成に強い期待を持っていた」と明かし、悔しさをにじませた。

 米空軍では現在、原因究明のための調査を始めており、飛行データの解析などを経て、数週間以内に詳しい情報を公開する予定という。

 「ウエーブライダー」はこれまでに4機製造された。初飛行実験は2010年5月で、時速5600キロで143秒間飛行した後、予定より早く落下した。2回目は11年6月で、この時も目標飛行時間は達成できなかった。4度目の実験を行うかどうかは現在、未定という。

 米空軍による「ウエーブライダー」開発の目的について軍事専門家らは、非核爆弾を搭載したミサイル開発に役立てるためとみている。

 英BBC放送は「世界のどこにでも2時間以内で到達するミサイルを想像してください」と明快に説明。元米空軍のチーフ科学者で米アリゾナ州立大学の警備防御部門の責任者、ワーナー・ダーム氏の「空対空か空対地のミサイルに技術転用される可能性が最も高そうだ」とのコメントを紹介している。

 X51Aウエーブライダー 米空軍が2004年から開発に着手し、これまでに推定1億4000万ドル(約110億円)の予算を投入している。

 全長約7.6mで米航空機大手ボーイング社が製造を担当。大気中の酸素を利用する「スクラムジェットエンジン方式」を採用しており、大量の燃料を積み込む必要がない。機体から発生する衝撃波に乗るよう設計されており、この名が付いた。米メディアによると、偵察・輸送機や巡航ミサイル兵器などに活用できる。
ーーー引用は此処までーーーー

Categorised in: 未分類