お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2012年8月16日

3567 「占領シナリオ」通り 政府無策のツケ露呈 の記事です

15日は如何にも厚い日で有りました。午後お茶の水駅付近では時ならぬ右翼街頭宣伝車の突撃ラッパンが鳴り渡っており、それに警備の白バイが伴走するという景色が見られましたが、終戦の日だからかと思っておりました。実はその裏で尖閣列島に中国人が強引に上陸し、日本の警察が14人を逮捕するという事件が起きていた模様です。

韓国ではレ―ムダック状態の李明博大統領が竹島を訪問するなどのパフォーマンスを行いました。中国でも秋の人民代表大会までは日本を刺激しないだろうとの推測を破る発言が環球時報(中国は釣魚島「国有化計画」を断固迎え撃つ覚悟だ 2012年7月12日 )に出ているそうです。そうした中での今回の事件、日本政府の対応が問われます。

ーーーニュースの再録ーーーー
「占領シナリオ」通り 政府無策のツケ露呈 2012.8.16 00:57

r

尖閣諸島に上陸し逮捕された香港の活動団体メンバーが乗っていた抗議漁船 (台湾海岸巡防署提供)

 沖縄県・尖閣諸島に香港の活動家がいとも簡単に上陸したことで、民間人を偽装した海上民兵らによる「尖閣占領シナリオ」の危惧が現実味を帯びてきた。海上保安庁は上陸を許したことについて「強硬手段を用いない」との政府方針を明かしたが、仮に武装公船が抗議船メンバーの援護に駆けつけていれば、対応できなかった可能性がある。

 日本政府内では、中国は秋の共産党大会での指導者交代までは対外的な高圧姿勢は控えるとの見方が大勢だった。だが、7月には漁業監視船が初めて3隻で領海侵犯するなどむしろ挑発をエスカレートさせていた。香港の衛星テレビによると今回、活動家らは尖閣に中国国旗まで立てた。

 直接的な引き金は東京都や政府による尖閣購入計画とみられる。日本側が尖閣の実効統治を強めようとした直後、中国側は威嚇で切り返してきたとの構図だ。

 日本政府が今回最も懸念を強めていたのは、中国政府が抗議船の行動を黙認していたことだ。政府高官は「国民に強まる大国意識とそれに比例するナショナリズムのガス抜きを図っている」と指摘する。だとすれば、同様の挑発行為が続発する危険性は高い。

 尖閣をめぐる挑発行為への対応について、防衛省・自衛隊はこの1年あまり検討と演習を繰り返してきた。7月末には、岩崎茂統合幕僚長が尖閣出動に関する対処方針の策定も指示したばかりだった。

(2/2ページ)

 防衛省が想定したシナリオは(1)漁民や海上民兵が不法上陸(2)漁業監視船など武装公船が海保と警察を威嚇(3)南西諸島に武力侵攻-というものだ。抗議船メンバーの上陸はこの第1段階に向けた「予行演習」ともいえる。

 今回は出港から時間的余裕があったため、沖縄県警は尖閣で待ち受けることができたが、闇夜にまぎれて上陸し、仮に武装までしていれば県警の装備では対応しきれなかった。

 平時から自衛隊が海上保安庁、警察を支援できる法体系として「領域警備法」を整備しておくことは不可欠だが、野田佳彦首相が同法の整備を検討した形跡はなく、日本政府の無策のツケが露呈したといえる。

 法整備をはじめ対策強化を早急に進めなければ「占領」という取り返しのつかない事態になる。(半沢尚久)
ーーーーーーーーーー

Categorised in: 未分類