お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2012年7月29日

3518 プリンセス・カイウラニを午後から見ました。

________________
プリンセス・カイウラニと言う映画をみました。
ハワイ王国を転覆させ、土地を所有すると言う概念を持たなかった原住民からプランテーションとしての土地を根こそぎ奪い取るという行為に出た米国に対して、最後まで抵抗した王女の物語です。

映画の最後に、米国のクリントン大統領が1993年に国会の承認を得て、米国政府が不当にハワイ王国を転覆したということに対して公式に謝罪したというナレーションが有りましたが、戦争中に日本人移民と米国で生まれた日系2世までを収容所に収容したことを平成になってから謝罪したというのと同様の構図ですよね。力を持たない弱い国や民族が何時でも食われるのでしょう。

kaiulani2
実際のこの女性にはこれ以上の選択枝はまったくなかったと思います。国が奪われてゆくときに、それを見守った王女の気持ちが伝わってくる映画でした。享年23歳、死因は国が失われ、民が虐げられるのを見た悲しみと映画では表現されていましたが、ネットで見ると直接の死因は肺炎だったそうです。

ファミ黶それから100年後に舞台を設定したジョージクルーニー主演のファミリーツリー(これは今回の上映では見逃してしまいましたけれど)は、こうして土地を奪った白人の子孫(decebdants)の物語としてみるとまた見え方が異なってきます。

以下はgoo映画からこの映画の粗筋です:
1989年、ホノルルのイオラニ宮殿に初めて電気が引かれた夜、反王制派が反乱を起こした。騒ぎのなかハワイを脱出したカイウラニ王女(クオリアンカ・キルヒャー)は、父親アーチボルトとともにイギリスに向かう。王女を迎え入れたのは、父親の旧友テオ・デイヴィーズとその家族。息子クライヴ(ショーン・エヴァンス)は王女の美しさに魅了されたのを隠すかのようにつっけんどんな態度を取るが、妹アリスは王女が抱える孤独を敏感に察する。王女はアリスに優しく話しかけられ、ハワイや亡き母親の思い出を語って聞かせる。アリスと一緒に寄宿学校で学び始めた王女は、人種差別に直面するが、彼女の慰めとなったのはデイヴィーズ兄妹だった。やがて王女はいつの間にかクライヴと深く愛し合うようになっていく。そんなある日、王女はサンフランシスコで療養していたカラカウア王死去の報を受け取る。母親代わりに慈しんでくれた叔母リディアがリリウオカラニ女王となりカイウラニ王女を王位継承権第1位に指名する。リリウオカラニ女王が、新憲法を受け入れるように迫るサーストン(バリー・ペッパー)やドール(ウィル・パットン)に屈しなかったため彼らはアメリカに軍事行動を取らせるよう画策するが、王女はそのことを知るよしもなかった。王女がクライヴのプロポーズを受けたと知ったテオは、アーチボルトから送られた“王制崩壊”の電報を王女に見せないでいたが、ある日突然、王女のもとに父親が姿を現す。クライヴとの結婚に難色を示す父親から電報について問いただされた王女はテオを詰問。隠されていた電報を目にした彼女は故国ハワイを選び、クライヴに別れを告げる。父親から王制崩壊の顛末とその後に起きたアメリカ軍による国民虐殺の詳細を聞かされた王女は、アメリカ大統領クリーブランドに暫定政権を支持しないように要請するためワシントンに向かう。最初の上陸地ニューヨークで会見した王女は力強いスピーチとエキゾチックな美貌、洗練された物腰で待ち受けていたマスコミを圧倒する。評判を耳にした大統領夫人から昼食に招待された王女は持ち前の機知と外交的手腕を駆使し、同席した大統領の懐柔に成功する。だが王女が帰郷したとき、臨時政府が「ハワイ共和国」樹立を宣言。合併式典への出席を拒否した王女にサーストンが歓迎祝宴を主宰するよう依頼する。瓦解した王家の誇りを捨てろといわんばかりのサーストンの要求を受け入れる王女だが、心の中にある決意が芽生えていた……。

Categorised in: 未分類