お問い合わせ

03-5677-3930初診受付

ブログ

2012年6月18日

3405 今夜、スペイン国債の利率が7%を超えた模様です

images
ギリシャが緊縮財政を受け入れるという国民選挙の結果を示したと思った矢先、ヨーロッパの通貨危機は一層の混迷を深めているようです。主役はスペイン、国債の利率が上がれば、償還するために国が支払わなくてはならない資金は急増するはずで、このまま一気にデフォルトには向かわぬにしても、いずれ予測される国家の経済的な破綻は近づいたと言えるかもしれません。
ーーーーーーーーーーーー

スペイン国債利回り、7・3%超に上昇 
2012年6月18日 22時20分

 【アテネ共同】18日の欧州債券市場で、スペイン国債の価格が急落(利回りは急上昇)し、長期金利の指標となる10年債利回りは7・3%超まで上昇、1999年のユーロ導入以来の最高を更新した。14日に続き、持続的な財政運営が不可能とされる7%の「危険水域」を超えたことで、スペイン財政は制御不能に陥る恐れが出てきた。

 17日のギリシャ国会再選挙での緊縮派の勝利を受け、18日朝方は安心感が拡大。だが「スペインの構造的問題は解決しない」(フランス大手銀)との悲観論が優勢となり、市場の鎮静効果は短期で終わった。欧州債務危機への市場の不信感の矛先は、ギリシャから一転してスペインに移った。

Categorised in: 未分類